恋愛に疲れた
【焦る必要なんてない?】LINEで好きな人に既読無視された時の対処法について。

こんにちは、たっくんです。

今回は、いかにも大学生らしいものを書いてやろうと思ってるわけですよ。

きっとみつかるカフェ。は「学生が学生のために情報を発信するサイト」であって、

69432286a169017495f716f79ba04d48

モテナイから暴れたり、

5a1965b28c3660cfb2d0aa37c9670d02

しばかれたりとかするようなものじゃないので安心してください。

モテたいという一心で見れば、学生っぽいかもしれないですね。お許しを。

今回のテーマは「既読無視」です

あるあるですよね。楽しくご飯食べて解散。なんていい子なんだろう!僕のガールフレンドになる子はもう彼女しかいないんだぜハハーン。

よしこの楽しかった思いを彼女に伝えなくては!!

!!!!!ポン!!!!!

スクリーンショット 2017-01-19 19.17.47

スクリーンショット 2017-01-19 19.17.14

既読がついたのになかなか返事がこない。何でだろう。とりあえず待ってみるか。

1日後、

やっぱり返ってこないな、何でだろう?よしもう一回送ってみるか。

スクリーンショット 2017-01-19 19.17.27

スクリーンショット 2017-01-19 19.18.15

あ、またついた、でも返ってこない。何でだよ!!!

こんな経験ないですか?

女の子なら逆も然り。気になる異性とのやりとり、めちゃくちゃ楽しいですよね。その感覚が短いほど、ああ、もう楽しいィィィってエンドルフィン大量分泌、天国へのカウントダウン待ったなし。見た目は子供頭脳もこどもその、失礼、取り乱しました。

そこからデート、どうです?想像してごらんなさいよその脳内お花畑の脳みそで。きっとドラクエの選択肢で例えると

楽しい
楽しい
楽しい
楽しい

こうでしょう。もうすでに幸福のベホマかかってるからね。それ以外ないでしょう。帰り際なんてこのままリレミトなんてできるわけないんです。気持ちがもうバイキルトでしかないんです。

だったら!なんで!!

こんなにも楽しかったのにどうしてなんだ?そう考えますか?

この答えってすごい簡単で「あなた」が楽しかっただけの話。

あなたは!!もちろん楽しいですよ、だって気になる異性とご飯に行ってるんだもの。一挙手一投足全部がいとおしく見えても過言じゃないです。

でもね、「あなた」はそうでも「相手」はどうなのって話です。

まだ全然デートも重ねていない、ましてや初デート。なのにこんな熱量。冷静に考えてください。

「重い」以外の何物でもないです。

自分の思ってることが相手に伝わることなんてほとんどないです。思いなんてものは空気を読んで吐き出さないと伝わらないものなんです。そうしないと「思い」なんて「重い」でしかないです。

じゃあ、どうしたらいいの?

これをすれば万事解決!!

そんなものなんてないですよ。でも、冷静に分析することはすごい大事です。

相手との関係性、どんな性格なのか、LINEの頻度、自分のデートでの振る舞いはどうだったのか、デートしていた時の相手の反応。

自分の経験をふんだんに使って分析しましょう。それが苦手な人は仲のいい異性の友達に相談です。

それを踏まえた上でとる行動は、

返ってくるのを待つ。
もう一度送ってみる。
諦める。

この3つです。

既読はついているので見られてはいるってことです。ブロックはされていないんです。可能性はあります、もはや可能性しかないです。ワンチャンでしかない!!

でも、ここで焦って長文を送るのはやめましょう。思いが重いでしか伝わりません。相手が忘れてる場合もあるし、確認のため適当に短文でも送っておきましょう。

それでも返ってこないなら…

察しましょう。

LINEなんて所詮ツールです。

そもそもの話、気にしすぎです。

10年前ならメール、20年前だったら電話、もっと昔なら手紙です。

メールに既読なんてないし、電話だったら家の電話からかけるもの。手紙なんて、出してから届くのにものすごい時間がかかります。古典の世界なんて、本当に届くのかどうかも怪しい世界だったわけです。

技術が爆発的に成長した影響かもしれません。LINEだけがあなたと相手の全てですか?ずっと連絡を取らないと今の恋愛ってダメなんですか?

僕はそう思いません。

あくまでコミュニーケーションツール、デートをするための口実作りなだけです。LINEはきっかけ程度って軽く考えておきましょうね。

え?そんなお前はどうなんって?
既読無視されたら悶えまくってますよ。頭でわかってても心はね?っことです。

では。

シリーズ

ブスが語る

  • いいね! (15)

新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。

おすすめのテーマ