知らぬが恥
学生ライター募集してます(ガチ)

 

こんにちは。きっとみつかるカフェ制作部長のしみたくです。

只今きっとみつかるカフェでは関西の大学に通う大学生ライターを募集しています。

きっとみつかるカフェのいいところは
好きなことを書かせてくれる
というところです。そして求める人材は
文章を書くことが大好きな人
ただそれだけです。
興味のある方はぜひコチラからご応募お待ちしてます!

ここからはちょっと本音を書こうと思います。

…で、まぁ

上のやつは一応テイのいい募集記事だったんですが。

ちょっとライターのリアルみたいなことを
僕の体験談を添えてお話しさせていただきます。

ツイッターやブログとは違う

まぁーこれが最初にブチ当たる壁ですね。

僕は高校の時に個人のブログ日記をみんなが面白いって言ってくれたり
鍵のついたアカウントでリアルな友達だけにフォローされているという状況でおもしろおかしく書いたツイートがたまにイイねが10個ぐらいつくので

「お?俺、ウケる文章かけんじゃん!」

という謎の自信もっていました。 

それからきっとみつかるライターになって3カ月ほどたった今、思うことは

文章書くのって超超超難しい。

これって

高校の文化祭で漫才をやったら大爆笑がとれたから調子乗って漫才師になっても
初舞台で大スベリするっていうのと似てる気がします。

今までは自分のキャラを知ってくれている人が読んでくれるので
ちょっと面白ければ十分。

でも、いざネットの世界に放り込まれると
そこで面白いことなんて書けないんです。

そんな中でも頑張り続けられる「根気」みたいなものが必要です。

好きに書くのと適当に書くのは違う

先ほどの募集記事で「書くのが大好きな人」と書きましたが
それはウソではありません。まず大好きじゃないとライターはできません。

ですがライターとして記事に対して報酬が出る以上
好きなことばっかりは書いていられません。

極端なことを言えば「なんとなくこんな記事でいいかな~」なんて気持ちで記事を書くことは許されません。

読んでもらう以上、
・どんな人に読んでもらいたいか
・どういう事を伝えたいか
を最低限考えている文章が求められます。

その他にも流行やニュース、色んなところにアンテナを張って、どんな題材でいくかを決めないといけません。

きっとみつかるではそこまでハイレベルな基準はないですが
ライターとしては意識レベルで持っていてほしいです。

未経験ライターとしては最高の場所

書いた記事のPVが伸びなかったり、記事を書く手が止まったり
いろんな辛いこともありますが

きっとみつかるカフェのライターのいいところは

仲間がいる。

ということです。

きっとみつかるカフェには現在40名程度の関西の大学から集まったスタッフがいます。1人で黙々と作業していて行き詰まったり、楽しくないな~と思っても
他のライターと一緒に作業したり、雑談していたりすると
新しいネタを思いついたり作業が捗ったりします。

また月一のライターミーティングでグループワークをしたり
毎週ライティングに関して自分たちで勉強会を行ったりしています。

未経験の方にもサポートできる環境がきっとみつかるカフェにはあります。

興味本位でもいいのでぜひ話を聞きに来てください。

僕たちは新しい仲間を待っています!

シリーズ

スタッフ募集

  • いいね! (8)

新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。

おすすめのテーマ