恋愛に疲れた
【大学生的恋愛コラム vol.5】「今はオレ彼女いらないから」と言う男子の心理

【大学生的恋愛コラム】 vol.1では 彼女がコロコロ変わる男子を心理学的に分析してみましたが、今回は「恋愛なんて必要ない」 という男子を分析します。

みなさんの周りにいませんか?
「オレ彼女とか作る気ないから」 とか言うヤツ。
もし好きな男子がみんなに 「今は彼女いらない」 と言っていたら困りますよね。
本心なのでしょうか?もしくは強がり?
今回はそのあたりを 行動心理学で解き明かしてみましょう。

草食系男子が言いがち

この発言は草食系男子の典型とされています。
草食系男子の特徴は何事においても安全策を優先すること。
自分のプライドを守ることを重要視するため 仕事でも生活でも強いものや安定したものに依存し、リスクを最小限にとどめたいと考えています。
何より特徴的なのが恋愛面です。
草食系男子は失恋のダメージを避けるために 成功の確率が高くないと自分からデートに誘ったり、告白したりはしません。
守りに入る自分を情けないと思いつつも、自分に自信が持てず、 なかなか1歩が踏み出せないのです。
つまり「彼女いらな」宣言の 本当の理由は 自分のプライドを守るための発言となります。

本当に彼女が欲しくないのか見極める方法

女性が苦手とか、女性とつきあうのが面倒くさいなど、それらしい理由を言いながらも要はフられて傷つくのが怖いというのが本音です。
フられるとプライドが傷つきます。それを回避するため、恋愛を拒否する発言をして予防線を張っているのです。

でも僕の経験では全員がそうではありません。
実際に僕も彼女と別れた時に 「もう恋愛なんてコリゴリだぁ」 と思ったことがあります。
本気でもう、恋愛は必要ないと思っていました。
こんな風に、失恋してすぐだったり、もしくは何か集中したい事があるなど、はっきりした理由で恋愛を遠ざけることは実際によくあることです。
では強がりと本気を見極める方法は何か?
それは・・・ 「なぜ?」 と聞くことです。
―簡単ですね。

話をはぐらかしたり、具体的な理由でなければ、それは強がりの可能性があります。
こういう強がりを心理学用語で 「反動形成」といいます。
反動形成とは、自分の本心とは反対の言動により本心を守る自己防衛メカニズムです。
そもそも恋愛は自分の思い通りにいかないことも多く、プライドが傷つくこともあります。

そのことで傷つく自分が嫌で恋愛なんて必要ないと強く発言するのです。
もし好きな男子がみんなに「今は彼女いらない」と言っていたら 理由を聞いてみて、あやふやな回答が返ってきたら チャンスあり!
ということなので 女子のほうから積極的にいってみるのはどうでしょうか?

「彼女必要ない」とか言っちゃってる系男子へ

一説によると、「恋愛を拒否する男性は仕事もできない」といわれています。
恋愛は2人の間に起こる問題を解決する力が必要ですが、 恋愛を拒否する男性は問題解決が苦手な傾向があり、仕事の能力も低いらしいです。
たしかに恋愛は面倒くさいことが多です。
それでも「彼女いらない」と宣言して強がっている男子より好きな子に猛アタックして、
フラれてもそれを経験として次の恋愛に進んでいる男子のほうがカッコイイし、人間としても成長できている 気がします 。

もうすぐ春ですね。
恋をしてみませんか?

最後まで読んいただきありがとうございました!

シリーズ

【大学生的恋愛コラム】vol.5

  • いいね! (10)

新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。

おすすめのテーマ