恋愛
今、女の子はツァイガルニク男子にもう夢中!【大学生的恋愛コラム】

こんにちは。しみたくです。

最近女子の間で流行りつつある、ある言葉を知っていますか?

それは…

「ツァイガルニク効果」!!!

人気シリーズ!一覧はコチラから
⇒「大学生的恋愛コラム」

え?

もう一度言いますよ?

「ツァイガリャッ!ッッツ!!!…。

まぁ、言いにくいことこの上ないこの言葉。

何かってゆーと、心理学の用語なんです。

「ツァイガルニク効果」

これは達成された課題よりも、達成されなかった課題や中断している課題の方が記憶に残りやすいという人間の心理効果のこと。

つまり成功した体験よりも失敗した体験のほうが覚えているってことです。

え?それがなんで流行ってるの?って感じですよね。

ということで例をとりながら解説させていただきます。

とある男子のお話①

あなたが高校生だとして男子の体育の授業風景を仲のいい女友達と見ているとします。

授業内容はサッカーです。

そこで

A:試合でシュートを決めた瞬間にこっちを向いてアピールする男子

B:隅っこで超うまいリフティングを1人でしている男子

授業が終わって家に帰って、寝る前にフと思い出すのはどちらですか?

Bじゃないですか?

とある男子の話②

合コンにて

A:「俺大学でこんなことやってて~」と自分の話をたくさんしてくれる男子

B:あまり自分のことは話さないけど聞き上手な男子

合コンが解散してから、別日にご飯に誘われたらどっちだったら「予定が空いてたら行こう」と思いますか?

Bじゃないですか?

そう、これがツァイガルニク男子

ツァイガルニク効果とは失敗した方の記憶が残りやすいということ。

人間は学ぶ生き物なの同じ失敗を繰り返さないように、覚えておく必要があるのです。

そして対人関係においておおよそ目的は「その人の事を知ること」なので失敗は「知れなかった」ということです。

知れなかったら、もっと知りたいという欲求が出るというよりは「知れなかった」という事実がずっと頭に残ってしまうんです。

ということは、気になって後々思い出してしまう。

それが、ツァイガルニク男子

なぜツァイガルニク男子がいいのか?

まず、そういう男子って気になる。

恋愛において相手に気にさせてしまえば勝ちなんです。

相手の事を考えている時間があればあるほどそれは好意に比例します。

そしてそれが発展して相手の事が知りたい気持ちが止まらなくなると「これは、、恋!?」となってしまいます。

なんかアイツのこと気になる…。

その気持ちがキッカケになるんです。

そして男子の側も、必死にアピールしたりすることなくとも覚えてもらえるというなんとも効率の良い話なんでしょうか。

ツァイガルニクテクニック

それではどうすればツァイガルニク男子になれるか。

それは

「自分を全て教えない。」

それだけです。

重要なのは少しだけ教えるということ。

答え(自分の本当の姿)をすぐに教えるのではなくヒントだけを小出しにする。

発言に少し含みを持たせて、相手に気にさせる、考えさせる。

全く何も教えないと何の意味もありません。

先程のサッカーの場面でも女子から見えるギリギリの隅っこでやるから意味があるんです。

見えないところでやっても気づかれずに終わります。

逆に、あの男子が女子の目の前で披露することができたかもしれません。

それじゃあ、リフティングが超うまい奴。で終わります。

コソッと隅っこで1人でやることでなんであんなにリフティングうまいの?

なんでうまいのに試合に参加しないの?

なんで隅っこでやってるの?

なんで?

なんで?

・ 

こうなるともう止まりません。

授業が終わって教室にもどるとAの男子に「さっきのシュート凄かったね!」と言い行く女子よりもBの男子に「なんでリフティングうまいの?」と聞きに行く女子の方が多いのはなんとなく予想できますよね。

そう、これがツァイガルニク効果の驚くべき作用なんです。

あなたの周りにも何となく気になる。そんなツァイガルニク男子がいませんか?

それはキッカケかもしれませんよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

人気シリーズ!一覧はコチラから
⇒「大学生的恋愛コラム」

シリーズ

【大学生的恋愛コラム】vol.9

  • いいね! (10)
バナー6

おすすめ記事はこちら


↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓

バナー6

おすすめのテーマ