恋愛
【自撮りの秘訣】写りが変わる大事な3つのポイント

こんにちは。
編集長のあいちゃんです。

自撮り
苦手を意識しつつ21年間生きてきました。

しかし最近、自撮りを練習せざるを得ない状況に陥りました。

なぜなら、現在、
神戸大学のミスコンに出場中だから!!

私はどうすれば?!食べ物の写真ばかり載せるファイナリストじゃだめなのか?!そこで、一念発起して自撮りの方法をマスターしようというのが今回の企画。

大事なポイントが3つあるらしい

①光

②場所

③角度

これは、人に撮ってもらうときも大事なポイントですね〜。光で全然印象変わります。場所は言わずもがな。食べかけのカップラーメンとか写真に入っちゃうのだめでしょ?

角度は、意外にもかな〜り重要。
自分が良く見える角度を、たくさん写真を撮って見つけるべし。あとはその角度をキープすればオッケー!

①光でこんなに違う

Before

こちらはは蛍光灯の下で撮りました。固い感じがしますね。顔のやなパーツが悪目立ち。疲れている感じがまるわかり。

女の子らしさが微妙、というよりブスです!!ツラポヨ!!

After

2枚目は自然光の下で。ふわっと感が出ました。女子の自撮りは自然光を取り入れるのがよさそうです。

光だけでこんなに印象が変わるなんてびっくらぽん。

②場所でこんなに違う

意外と無頓着な人が多いんですよね〜〜。背景、ちゃんと気を配っていますか?

写真を見た人にとって、メインの顔に目がいくのはもちろんですが、背景も見られています。

この子だらしないんやな〜と思われることないように、ちゃんと写り込みに注意しながら自撮りましょう。

公園に行く際は、ポケモンのトレーナーたちが写り込まないように注意しましょうね。

③角度でこんなに変わる

Before

まっすぐ撮ると、証明写真ですね。のっぺーーんとしています。もはや公開処刑ですね。ミスコン出てるくせにこんな盛れてない写真を載せちゃうんですね。

日本人ですもの。アイデンティティですもの。のっぺりは避けられません。いいんです。鼻低くても顔でかくても。親からもらった顔に感謝してます。

After

ちょっと斜め上から撮ると、フェイスラインがシュッとして目がでかくなることを学びました。角度って大事やな〜…..。

表情は…?

おフェロ(お風呂あがりのほっぺ赤くてほわっとした雰囲気)感を出したい!

そんなときは、歯を閉じて、唇をちょっと開ける!!これだけでなんだか色気だせそうな気がします。色気が欲しいお年頃です。ちょっとアホっぽい顔してるほうが可愛い、守ってあげたいと思ってもらえるのではないかという私の勝手な憶測です。

光は、ふわっとした自然光がよろしいですね。

一枚目、あ、指入ってますね。慣れたいものです。

〜番外編〜

その①
誰かに撮ってもらった風の写真

はい、サロンモデルとかするとこういう写真撮りますよね。これを一人で撮っちゃう裏ワザを伝授。

方法はカンタン!
①内カメにする
②セルフタイマー3秒に設定
③あとはそれっぽいポーズ取る

ええ、こんな感じになります。
一人で公園に繰り出せる猛者は是非。

(客観的に見ると改めて寂しい女だ…)

その②
彼氏との自撮りのコツ

(人形です)

大好きな彼とデート。
彼氏にも可愛いと思ってもらえる盛れ写を撮れるもんなら撮りたいですよね。

そんなときのワンポイントアドバイス。

とにかく彼氏に近寄れ!
顔を寄せろ!

以上。

彼氏のほうがだいたい顔大きいだろ、そしたら自分が小顔に見えるだろ、という戦略です。このときも斜め上から撮ることを忘れずに。

 

ちなみに(人形)彼氏とのツーショットの様子はコチラ↓

(やっぱり寂しい女だ…….)

いかがでしたか?

女子であるからには、自撮りは避けられません。たぶん。だったら練習するしかない!

最近目がでっかくなったりする加工アプリがたくさんありますが、そんなものに頼らず、可愛いの限界を極めよ!

次回は、「写真の撮られ方」をお伝えします。自撮りができても人に撮られるとイマイチ…という方も多いのでは?そんなお悩みを解決できたらいいなと思っています!

 

以上、編集長でした〜!

シリーズ

女子力向上作戦

  • いいね! (12)

新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。

おすすめのテーマ