恋愛
現世にキュンが枯渇している女子大学生が不思議の国に迷い込んでみた。

みなさんご機嫌麗しゅう、ライターのあさみです。
まだまだ暑い日が続きますね。
とはいえ、コンビニには紫いも味のガルボが並び、ユニバはゾンビ侵略待ったなし、そして私の大学生活最後の夏休みは折り返し地点です。

大学生活最後の夏休みは折り返し地点です。

今年の夏は、プールにも行きました。
江の島で潮風にも吹かれました。
打ち上げ花火、淀川の下流から見ました。

でも何かが足りない。そう心が叫びたがっている…

この気持ちは何なのだろう。

キュンだ。
キュンが足りないのだ…

この道端に落とされ雨に打たれた薄汚いストッキングのような行き場のない惨めな心をどうやって満たそうか…

そうだ 不思議の国、行こう。

ということで

ということで私は不思議の国に迷い込むことに決めました。
最後の夏、ときめきメモリアルは自分の手の中(スマホ)に!

「イケメン革命」という言葉の通り、タイプのバラバラな超絶イケメンたちが豪華に迎えてくれました。

ああ…天国はここにあったのですね…
とはいいつつも、実は私この手のゲームが長続きしないタイプ。
友人に勧められたイケメン育成ゲームとかも30分でアンインストールした経験があります。

さあ、そんな私の枯れ果てた心をぜひ潤してくれ……!

舞台は19世紀のロンドン。

私は街一番の菓子店で売り子として働き、心穏やかな生活を送っている美少女(反論は受け付けません)。
いつもの仕事終わり、通りすがりのイケメンとぶつかってしまいます。意図的ではありません。

え、この方が白ウサギ…!?

イケメン革命の起こった世界ではウサギさえもが超絶イケメン…

例のごとく懐中時計を落としていったイケメンウサギさん。

これは追わねば!

鼻息荒く追いかけていくと…

なんと空の上!

ゆっくりと上空から不思議の国へ降り立つ様はまるでラ〇ュタのよう…!

華麗に舞い降りた先に待ち構えていたのは…

またもや、超・絶☆イケメン!!

しかもジャストマイタイプじゃありませんかー!!
きみに決めた……!!

なんとこの方、軍のキング「レイ=ブラックウェル」。

顔に負けず劣らず名前もイケメンかよ。
キングが迎えてくれるなんて、すこぶる幸せな世界…

この不思議の国には、このレイが率いる黒の軍と赤の軍が存在し、互いに対立している状況。
アリスが旅した不思議の国は軍事国家だったわけです。驚愕。
軍の中の階級は「キング、クイーン、ジャック・10~2、エース」と、トランプの枚数と同じ数存在します。

プロローグの時点でこのイケメンの数々…帽子屋さんやチェシャ猫など、アリスの世界の定番キャラクターももちろん登場します。

贅沢すぎやしませんか…。

ちなみに赤の軍のキングはこの方。
イケメン過ぎてまぶしい…神々しい!!
対立する2人のイケメンの狭間で揺れる私の乙女心…

そして、私は人間の世界からこの国に迷い込んだ2人目の人間。
そう、私は「2人目のアリス」ということ。
2人目のアリス…なんだか心が弾みます。(22歳/独身女性)

そして名前登録。

2人目のアリスという肩書は捨てがたいけれど、やっぱりイケメンに自分の名前を呼んでほしい!
「あさみ」っと…登録!(名前は後から変更可能です)

名前をひらがな表記にしてしまったがためにロンドン在住な雰囲気ゼロになりました。が、気にしません。

自己紹介もそこそこに、あんなこんながあり(詳しくはプレイしてみてください!)
人間界に帰るには、次の満月を待たなければいけないらしく、私は黒の軍にお世話になることになるのでした。

ジャストマイタイプのレイが私を守ってくれるそうです。
(その勢いで結婚してくれないかな…)

そして、懐中時計を返すべく(忘れてた)白ウサギさんの元へ…
そこでこんな忠告を受けます。

かつてこんなにも分かりやすいフラグがあったでしょうか。

もう「恋をしろ!1ヵ月でいけるとこまでいってしまえ」と言われている気しかしない。

現時点でプレイできるのは赤丸がついている方々。
ほぼ絡みのないチェシャ猫との恋も大いに気になります…

うーーーーむ…どうしよう…

こんなイケメンたちを前に誰と恋をするか選べる私って世界一幸福なんじゃ…

シリーズ

乙女ゲーム

  • いいね! (4)
バナー5

おすすめ記事はこちら


新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。
バナー8

おすすめのテーマ