学生ライフ
【自分で作れる!?】押し花iPhoneケースを京都の女子大学生が作ってみた

どうも久方ぶりです。りかりんです。

いや~。期末テストに帰省にって
ワタワタした2ヶ月を過ごしまして
すっかりライターりかりんが冬眠状態に…。

しかし!ライターりかりん冬眠(いや時期的に夏眠?)から
覚醒いたしました。

…ということで今回の記事は

「押し花iPhoneケースを作ってみた!」です。

前から押し花のiPhoneケースがほしかったんですが

自分好みデザインがなかなかなあったり
あったかと思うと5,000円を超えるものも…

これはもう…

これはもう…!!!

自分で作るしかないでしょ…!!!!!

…ということでりかりん
押し花iPhoneケース作っちゃいました。



作り方 STEP1★ デザインを決めよう。

はい!ということで
始まりました。
りかりんハンドメイド教室へようこそ!

さっそく「押し花iPhoneケース」を
作っていきましょう。

まず自分のスマホに合うサイズの透明なケースを用意します。
100均とかに売ってるやっすいヤツで可。
(ソフトでもハードでも大丈夫です。)

そして
まあ、買うor作った(私はメ○カリで安く買いました)押し花
自分オリジナルでデザインをイメージして
ケースに押し花を乗せていきます。

はみ出す部分は切って調節してください。
よし。今回はこのデザインに決めました。

デザインが決まったら写メを撮って
写メを見ながらあとで作っていきます!

写メを撮ったら押し花をいったんどけます。



作り方 STEP2★ 押し花とクリアケースをくっつけよう。

次は、押し花とクリアケースをくっつけて固める作業。

まずUVレジンをクリアケースの上に適量出します。

ちなみにUVレジンとは紫外線で硬化する樹脂のことで
UVライトを使えば、短い時間で固めることができます(今回はUVライトを使います。)
長時間かかりますが太陽光でも固めることが可能みたいです。

適量だして

ヘラ(100均のです)を使ってまんべんなく伸ばします。

そしてさっき撮ったデザインの写メを参考にしつつ
慎重に押し花をケースの上に載せていきます。
(押し花はデリケートなので優しく!!!)
ピンセットとかあるとやりやすいかも…

全部のせていきます。

こんな感じですね。(まだ固まっていないので落としたりしないように)

そしてこれを慎重にUVライトに当てていきます。
5分くらいでだいたい固まると思います!

ジェルネイルとかする人にはおなじみのこの機械。
私はまたまたメ○カリで1,000円くらいで入手しました。

取り出して固まっていればOK!

  • いいね! (46)
バナー9

おすすめ記事はこちら


バナー4

おすすめのテーマ