学生ライフ
【就活やインターンに!】関西の大学生が格安で東京に行く方法

こんにちは、最近フットワーク軽いなぁ!と言われがちなはるぴーです。

突然ですが、私は東京が好きです。
こんなことを言うと東京に魂を売ったと言われますが、あえて言います。
私は東京が好きです。

2017年2月。私は、初めて夜行バスに乗って一人で東京に行きました。
夜行バスといえばどうしても事故のイメージが強かった私は、「無事帰ってこれますように」と全力でお守りを握りしめてバスに乗り込みました。

しかし、1日東京で過ごしていざ大阪に帰ってくると
「あれ? 東京って意外と近いやん?」
という感想を抱いてしまったのです。

そして、今では月に1、2回ほど東京に行っています。

大都会東京。大阪にはまだ進出していない最新の文化や技術、スポットがたくさんあります。
そんな東京に、夜行バスを使えば8時間で行けるのです。寝て起きれば着きます。

しかも、平日だと安全で快適なバスでも、なんと片道1000円代から乗れるのです!

つまり、1回飲み会を我慢すれば、東京に行けてしまうのです。衝撃的ですね!

最近では、インターンなど、就活のために東京に行くことも増えてきました。
関西の大学生の皆さんは、一人で東京に行くこと、きっと一度はあると思います。

そこで、今回のテーマは、はるぴー流夜行バスのススメです!

1.夜行バスは安全性と快適さを重視せよ!

夜行バスは格安で東京に行ける素晴らしい交通手段ですが、やはり事故のニュースも目立ちます。そこで、まず重要なのは安全性。私は究極の心配性なので、できるだけ安全が保障されているバスしか選びません!

さらに、8時間という長丁場をバスの中で過ごすので、快適さももちろん大切です。自分のベッド以外でなかなか寝付けない方にとっては特に重要な部分になってきますね。就活の面接やインターン中に眠気に襲われるのは避けたいところです。

そこで、夜行バスを探すのにおすすめのwebサイトを2つご紹介します!

①さくら観光バス(https://www.489.fm/bus/bus.html

こちらのサイトでは様々な会社のバスが掲載されており、バスの安全管理や安全装備がついているか、ドライバーが2名体制かなどを細かく確認することができます。
また、カーテンやコンセント、ひざ掛けがついているかなども確認できるので、バス内の快適さも知ることが出来ます! 
しかも、比較的値段が安いのが魅力的です。


②VIPライナー(
https://vipliner.biz/

こちらの夜行バスは、一言で言えば最強です。
少し値段は高くなってしまいますが、様々なシートタイプがあってくつろげる上に、消灯の前には眠りにつきやすい音楽まで流してくれます。
しかも、後ほど紹介するVIPラウンジを乗車日・降車日に無料で利用できるのが特に最高で最強なポイントです!

2.夜行バスにはマスク・アイマスク・上着を持ち込め!

夜行バスで快適な時間を過ごすのに、マスク・アイマスク・上着は欠かせない3点セットです。

バス内は乾燥しており、エアコンの影響で夏も冬も寒いことが多いです。そして、いくら遮光カーテンがあってもどうしても光が漏れてしまい、バス内が少し明るいということもたまにあります。
マスク・アイマスク・上着があれば、これらの状況になったとしても、快適に過ごすことが出来ます!

持込用のかばんにこの3点セットと、飲み物も忘れずに入れましょう!

3.降車後はVIPラウンジに行け!

無事東京に到着して夜行バスを降りたはいいものの、どこで身支度をすればいいの?

こうなる人、きっと多いと思います。

そこで、全力でおすすめしたいのがVIPラウンジです!

VIPラウンジは、VIPライナーを運営している平成エンタープライズが提供しているラウンジスペースです。
先ほども述べたように、VIPライナーを予約している人は、乗車日・降車日ともに無料で利用できる時間があるのが魅力的です。予約したサイトによって無料で利用できる時間は変わってくるので、ぜひwebサイトをチェックしてみてください!

VIPラウンジには、パウダールームやシャワー、充電スペース等が完備されており、コスメやヘアアイロンなども無料で借りることが出来ます。
特に、東京店ではお座敷ルームや漫画コーナーもあるので、夜行バスで早朝に着いて行く場所がない!時間を潰したい!という方にもおすすめです。
そしてなんと、公式サイトからバスを予約した就活生は、クロークでの荷物預かりが無料になる特典まであります。

まとめ

いかがでしたか?
夜行バスは、上手く活用すれば格安でとても便利な交通手段になるんです!

就活やインターンで東京に行く予定のある3回生は、ぜひ夜行バスを予約してみて下さい!

交通費を節約して、その分お土産をたくさん買って帰りましょう♪

シリーズ

お金のない大学生も東京に行きたい

  • いいね! (4)
バナー7

おすすめ記事はこちら


バナー5

おすすめのテーマ