学生ライフ
【NPO法人って何?】NPO法人副理事長が答えますッ!

初めまして、ライターのにわとりです

皆さん、NPO法人って知ってますか?
ボランティア団体?
国からお金を貰っている怪しい団体?
全くイメージがつかない方もいると、思いますが…

分かりやすく言うと…
「かかげた社会的ミッションを、達成するための会社」です。

正式には特定非営利活動法人といいます。

えっ非営利って書いてるのに、会社と一緒なの?と、思いましたよね。

NPO法人で言う非営利とは、お金を稼がないという意味ではなく
利益を分配しない=株主配当のようなものを出したり、一般企業と比べて明らかに高額な報酬を払わないという意味になるのです。

どんな活動をしている団体があるのか?

そもそも、NPO法人の根拠法令になっている特定非営利活動促進法=通称NPO法で20種類の活動が定められています。
活動範囲は医療やまちづくりなど様々な方面まで広がっていきます。

例えば福祉系の団体であれば、

訪問介護や放課後等デイサービスなどのがっつりとした活動から、
最近ブームになっている子ども食堂やお年寄りが楽器を演奏しているところなどがあります。

ちなみに私が立ち上げた団体では、
環境系の活動を中心にしていて、ごみ拾いや自然観察などの自然にふれる活動をしています!

この団体については後々また記事にあげますのでお楽しみに…

実際のところ稼げるのか?

最初に会社と一緒といいましたが、もちろん簡単に稼げるわけではないです。

全国に約5万のNPO法人があると言われていますが、
常勤職員を雇って会社と同じように給料を払っているところは一握りです。

どちらかというと、ボランティア団体の延長線上の団体が大きいです。

しかも、会社のようにただ単純に儲けれるだけ儲ければいいわけではなく、
自分たちの理念・目的にそって、活動しなければ本来のNPO法人の姿とは言えないと思います。

実際に、お役所からの委託事業ばかり受けて、行政の下請けと化しているところもあります。

NPO法人は学生でも自力で作れる!

決して、立ち上げるのが難しいわけではありませんが、
かたーい文章とにらめっこして、
お役人さんとお話しして書類の調整をしなければいけないので、
ある程度の国語力とコミュ力が必要にはなります。

お金はあるよって人は、行政書士さんに頼めば楽ちんです。

※10万円~20万円かかりますし、知識が入ってこないので私は自力で立ち上げることをおススメします。

自力で、立ち上げたら、法人の印鑑代と住民票を取るお金と書類の印刷費くらいなので、1万円もかかりません。

任意団体(学生団体)や他の起業と何が違うか?

学生団体で活動していくよりも、圧倒的に信用が違います。
ただ、勘違いしてはいけないのは法人になっただけでは信用を得れません。
あくまで、スタートラインに立っただけです。

よく、学生起業で株式会社や合同会社を選ぶ人がいます。
もちろん、それらの法人格のほうが簡単に取れます。

その代わり、自力で立ち上げたとしても株式会社では約30万円、合同会社(LLC)では約10万円かかります。

分かりやすく違いを説明すると
NPO法人は安く立ち上げれるが時間と手間がかかる…

株式会社や合同会社(LLC)はお金は掛かるが時間は1週間~2週間で出来るという違いがあります。

まとめ

ミッションにそって、利益を上げなければいけないので、
運営は一般企業よりも難しいですが、やりがいはとてもあると思います。

NPO法人と一口にいっても、本当に多種多様な活動があります。

中には怪しい団体もあるけども、民間企業、行政のどちらも手の届かない分野で頑張っています。

NPO法人を一括りにまとめるのではなく、色々な団体さんに触れて知っることが大事になってくる!

ぜひ興味のあるNPO法人があれば、調べることから始めてみてください。

  • いいね! (3)
バナー9

おすすめ記事はこちら


バナー7

おすすめのテーマ