学生ライフ
もうこれで忘れにくくなる? 『はっしー流』人の名前を覚える方法

皆さん、こんにちは。大学ではコミュニケーションについて学んでいます、ライターのはっしーです。

 

大学はクラスというものはなくて、自分が取りたい授業を取って授業を受けて、テストやレポートをして、単位をもらうだけと思っている人もいるかと思います。なので、いつも一人で過ごしているなぁって人も少なくないのではないでしょうか。

でも、実際はそうでもないんですよ。少人数のグループでする授業も少なからずあるんですよね。それでそこからご飯を食べに行ったり、遊びに行ったりして友達になり、まぁ、たまには恋仲になったり……。

まぁ、恋愛の話は置いといて、とにかく、大学は高校や中学よりもいろんな人と話す機会が何倍も増えてきます。当然、初めて会う人も増えてきます。そのたびに名前を覚えていきます。
でも、それが100人や500人ってなったら皆さんは覚えられますか? なかなか難しいところがあるのではないでしょうか。

そんな時に、自分がいつも心がけている名前を覚えるコツを書いていこうと思います。

名前を覚えておくといいこととは?

そもそも人の名前を覚えていて得なの?って思う人がいるかもしれませんが、そんなことありません。むしろ、得ばかりですよ。

まずは、なんといってもテストの時に困らない。これは僕以外の大学生も同じことを言っているかもしれませんが、仲がいい人が多ければ、多いほどテストでわからないところを補えながら勉強することができます。『三人寄れば~』といいますが、本当にそうだと思いますよ。

また、これは一番大きい要素ですが、大学生活をよりいっそう実りあるものにすることができます。
大学は本当に全国からいろんな人が来ています。言葉も違えば、考え方も育ち方も違います。
多くの人と会い、話をするだけでも自分にはなかったものが得られたりするので、絶対、会った人の名前を覚えるのはいいんです!!

その1 人と話すときは名前を省略して言わない。

どういうことかというと、相手の名前をしっかり呼ぶということです。
日本語は述語中心の言語なので、主語を省略しても伝わってしまうんですよね。

『ねぇ、一緒にご飯行こうよ。』

『このプリントなんだけどどう思う?』

このように主語がなくても伝わるんですよね。それだとなかなか名前は覚えられません。人間って目で覚えるよりかは話した言葉や聞いた言葉のほうが覚えるんですよ。なので、主語を省略せずに

『ねぇ、森さん一緒にご飯行こうよ。』

『このプリントなんだけど岡本はどう思う?』

このようにしっかりと主語を省略せずにいうことで、名前を覚えていきますよ。
あとは、1回だけではなくて何度も何度も繰り返して言うことが大切です。言っていくことで覚えていくんですよ、人間って。

その2 ニックネームを使うべし

ニックネームほど、人の名前を覚えやすいツールはないです。本当に。ニックネームがあるのは人の名前を覚えやすくするためにあるんですよ。なかったら逆にニックネームなんてありませんよ。だから、自己紹介をした時に

『ニックネームはある?』

って一言聞いてみてください。そこから会話も弾みますし、名前も覚えやすくなるなんてまさに一石二鳥です。

その3 名前が分からないのなら素直に聞き直す。

こういうことをしていてもなかなか名前を覚えられないときもあります。仲いい人でも時々、名前が出てこないときがあります。そんな時は素直に聞いてみてください。

『ごめん、名前何だっけ?』

恥ずかしいし、失礼になると思うかもしれませんが、間違えるよりかははるかにいいですよ。

ことわざでも言っていますよ。

『聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥』ってね。

その4 何回も同じ人に会う。

大学や専門学校はクラスという概念がないので同じ人に出逢うことはなかなか難しいことかもしれませんが、これもとても重要なことです。
だからといってわざわざ会う約束を取り付けるまでは必要ないのですが、見かけた時やばったり会った時は必ずといいほど挨拶をするのが大事です。その時も名前で言うのを忘れずに。声をかけるときは名前と一緒に言うことが大切なんですよ。

その5 ただ、名前を覚えようとしない

名前を覚えようとするために機械的に名前を覚えようとしていませんか。
えっ、そうじゃないのって思う人がいるかもしれませんが、それだとなかなか覚えませんよ。

確かに名前を覚えようとするのが大切ですが、同時に『その人がどんな人なのか』も覚えることが大切です。

覚えることが多くなって大変と思うかもしれませんが、人間は単体で覚えるよりも関連して覚えることが得意なんですよ。例えば、

『鍋元さんはいつも元気で法律学の授業が同じ人だったなぁ』

『大川くんはコンビニで働いている○○大学の3回生だったなぁ』

のように、細かくなればなるほどその人をより覚えやすくなり、また忘れにくくもなります。

さいごに

人の名前を覚えるのは、難しい人にはなかなか難しいかと思います。その中でも一番大切なのは『その人の名前を本当に覚えよう』という意識を持つことです。

その意識だけで少しずつ変わっていきますよ。

 

学校生活もプライベートも

 

ひょっとしたら自分の人生も変わるか・も・よ。

編集部から一言

コミュニケーションの基本だよね

  • いいね! (0)
バナー9

おすすめ記事はこちら


バナー7

おすすめのテーマ