大学生活を楽しみたい大学生へ 絶対に失敗しないサークルの選び方。

どうも、よっしーです。
突然ですが、皆さんは大学生活は楽しんでいますか?

僕は充実していて、楽しいです。
なぜなら、サークルというコミュニティに、所属しているからです。

もしかしたら、皆さんの中には、大学生活にちょっと面白くないなーと感じている方がいるかもしれません。

また一方では、サークルや部活に入るタイミングを逃した人もいるはずです。
「あの時やっぱり、入れば良かった…」と後悔を少なからずしているかもしれません。

しかし、キラキラな大学生活を諦める必要はありません!

実は、今からでもサークルや部活に入れるんです。
今回は、失敗しないサークル選びのコツを教えます。

目次

・そもそも、サークルと部活の違いとは?

・サークルのメリット、デメリット

・今からでも入りやすい、おすすめのサークル5選

・サークル行事と活動頻度

・サークル選びの4つのポイント

・最後に、大学生活を楽しむためのサークルの選びまとめ。

そもそも、サークルと部活の違いとは?

まず、サークルと部活って、どこが違うの?
と疑問に思っている大学生は多いと思います。
確かに、大学のサークルと部活って何となく曖昧で似ていますよね。

しかし、この2つには、明確な違いがあります。

部活は、大学を代表した団体で、大会や試合などで優勝を目指すエリート部隊です。そして、部活はルールが厳しく、少し息が詰まるかもしれません。

ですが、部室などの大学の施設を利用できるのが強みです。

一方で、サークルの目的は楽しむことで、趣味の延長線の集まりです。
そのため、殆どが非公認の団体として、存在しています。

これらが、サークルと部活の違いになります。

サークルに入るメリット、デメリット

【メリット】

友達が増える。

熱意を注げる。

彼氏・彼女ができる。

趣味が充実する。

サークル内の行事がたくさんあって楽しい

先輩後輩関係ができる。

居場所ができる。

【デメリット】

広く浅い仲にしかなれない。

人間関係がドロドロ。

飲み会などの出費が大きい。

時間を取られる。

意味不明な伝統がある。(サークルによりけり)

授業に出席しなくなる。

主にこれらが、サークルのメリットとデメリットの代表的な例です

まず、サークルに所属するという事はこれらのメリット、デメリットが

当然あります。

これらは、ほんの一部ですが、場合によっては、もっと多くの
メリット、デメリットが挙げられます。

特に、人間関係がドロドロなサークルは、
とても居心地が悪く、肩身が狭い思いをすることがあります。

では、これらを踏まえた上で、勧誘の時期を逃した新入生や2回生以上からでも入りやすい、おすすめのサークルを紹介したいと思います。

今からでも入りやすい、おすすめのサークル 5

文化系サークル・文化部

主な例としては、
美術、写真、漫研、軽音、ボランティアなど、
趣味の延長線で作られたものが多い
ので、初心者でも入りやすいです。

また、違うサークルとの掛け持ちがしやすいのも特徴。

しかし、文化系サークルの中には、全く活動をせず遊んでばっかの、
「飲みサー」が混じっている可能性がとても高いので、選ぶ際は慎重に選びましょう。

体育会系サークル・体育会系部活

サッカー、アメフト、野球などが、代表例です。

文化部や文化系サークルとは違って、少し厳しめな印象があるかもしれません。
ですが、仲間との絆が深まりやすく、やりがいを感じるかもしれません。

その反面、体育会系の部活となると、練習が多くて夜遅くまで活動しています。
時間と体力を多く求められます。
しかし、体育会系サークルなどは雰囲気や練習もキツくなくて、
趣味程度でのレベルなので、入ってからでも続けやすいです。

学祭実行委員会

大学の行事の中で一番盛り上がる行事といえば…学祭です。

その、学祭を裏から支えているのは学祭実行委員会という組織です。

部活やサークル以上に団結力や、協調性が求められます。
これは、サークルと言うよりも団体といった方がいいかもしれませんね。

学祭は、大学によって開催する日程や規模が異なるので、学祭実行員の全体人数も100人以上はいるかもしれません。

そのため、大量に募集されます。

1回生はもちろん、2回生も募集しているので、「何か大きなことがしたい!」と思っているなら、是非入るべきです!

しかし、学祭実行員には、先ほど挙げた、デメリットの中に意味不明な

風習や伝統があるかもしれません。

絶対に気をつけてください。

インカレサークル

インカレサークルとは、他大学の学生と交流することができるサークルです。
Twitterなどで、検索すると出てきます。
稀に、社会人の方も、インカレサークルに参加しています。
自分の所属している大学のサークルとは、
少し雰囲気が違うと感じるやもしれません。

この、インカレサークルはイベサー(イベントサークル)がほとんどです。

文化系・体育会系のサークル活動とは違って、遊びがメインになっています。

他大学の学生と交流できますが、その日限りの関わりになってしまいがちです。また、参加する度に参加費がかかるので、要注意です。

学生団体

学生団体とは、主に他大学の学生が集まり、インカレサークルと少し似ているのが特徴です。
しかし、インカレサークルと違う部分は、
毎週、何かしらの集まりがあるからです。 

例として、ミーティングなどです。 

インカレサークルの場合は遊びがメインで他の参加者とは、
その場限りの関係になるのですが、学生団体は、しっかりと活動テーマに
沿って活動します。 

感覚的には部活に近いかもしれませんね。
他大学の学生とつながりが強くなりやすいです。

サークルの行事と活動頻度

新入生歓迎会

合宿

追いコン(先輩の追い出しコンパ)

これらは、ほんの一部です。
活動頻度は、文化系なら週に1回、体育会系は決まった曜日の放課後など、サークルによって異なります。

なんと、活動が月に1回というサークルもあるため、他のサークルやバイトの掛け持ちなども難しくありません。

そして、どのサークルにも親睦を深め合うために行事というのが存在します。
これらの行事は強制参加のものあれば、
自由参加のもあり、これらを通して他の人と仲良くなれるので、活動頻度が少なくても安心ですね。
また、上記の行事以外に定期的に飲み会やBBQ、お泊まり行事を頻繁に行っていることもあります。

サークルを選ぶ際の4つのポイント

続いては、サークルを選ぶ際の基準を紹介したいと思います。
見学や体験の際に、何を見ればいいか分かりませんよね。

でも、安心してください、そんなに難しくはありません。

1年間の年会費が安いかどうか。

サークルの雰囲気。

変な先輩がいないか。

男女比は偏ってないか。

これらこの4つのポイントは、サークルに入る前に絶対に確認してください!
特に、サークル内でリア充になりたい方は、

男女比率をチェックするようにしましょう。
もし、上記のポイントをチェックせずに、即決で決めてしまうと、絶対に後悔します。

ぜひ、これらを基準にして見学に向かいましょう!

大学生活を楽しむためのサークル選び まとめ

いかがでしたか?

一度しかない大学生活はやっぱり、充実させたいですよね。
サークルの見学に行くのにためらっていては後悔します。

このまま、何もせずに「あの時、見学に行けばよかった…」と

嘆いても、手遅れです。
ですが、まだまだチャンスはあります。 

勇気を持って、気になるサークルや部活に見学に踏み出すことが大切です!

その一歩が、夢にまで見た大学生活に近づく1歩になります!
もしも、自分が入りたいサークルが無ければ、自分自身で作ればいいのです!
一度しかない、大学生活を楽しんでみませんか?

  • いいね! (1)
バナー5

おすすめ記事はこちら


バナー8

おすすめのテーマ