学生ライフ
【1日2万!?なのにめっちゃ楽】現役大学生が教える、短期・単発バイトにイベントスタッフは本当に美味しい!

大学生のみなさんは、色々なバイトをしていると思います。飲食店、塾講師、コンビニなどあると思います。その中でも、大学生に持って来いの「短期アルバイト」というものをご存じでしょうか?週のシフトがなく、出たいときにだけ、バイトに出てお金を稼ぐ融通の利きやすいバイトなのです。
種類は主に、1日だけの単発アルバイトや1週間のうち2回ほど出るなどの短期アルバイトの2つがあります。

これが実は、とても美味しいのです。1日1万円~2万高いところなら3万にまでなるところもあるんです。
「え、高い分なんか重労働なんでしょう?」「なんか怖い。」そう思う方もたくさんいると思います。なので、今回は、実際イベントスタッフを体験した私がイベントスタッフ単発・短期アルバイトの実態を紹介したいと思います。

実際の流れは?

私の場合、大体の流れは、

タウンワークやバイトルなどの求人で「単発・短期」で条件検索をして探して募集
    ↓
その後面接(履歴書不要の場合は軽く説明を聞いてからすぐ作業)
    ↓
現場に入って説明を聞いて作業
    ↓
休憩をはさみつつ最後まで
    ↓
終わり、その後企業にもよりますが、普通のアルバイトと変わらない形でお金が銀行口座に振り込まれるor手渡しで日給をもらう

みたいな流れです。募集から面接までの流れは新しいかもしれませんが、イメージは、バイトの研修生で説明を聞いてから「こんな感じですかね?」と作業するイメージです。

バイトに入ってからの雰囲気は?

正直、これは当たりはずれがあります。イベントスタッフの場合おしゃべりがしたい大学生が多いので、雑談で盛り上がったりして楽しく過ごせるのですが、時々固い子や人見知りな子もいるため居づらい空気にもなります。

まぁ、基本イベントスタッフは明るい陽気な人が多いので、居づらいという空気になるのはある意味レアケースですね。

しんどくないの?

これが全くしんどくないんですよ。人が多いと説明などをしないといけないので気づいたら「もう夜!?終りじゃん。」というということが多々あります。逆に暇でも「今日はあまり人来ませんね。」「そうですね。」「え?○○さんって大学何回生ですか?」?なんて雑談をしてゆる~く過ごすこともできます。

また、休憩時間も細かく刻んだり、凄くいいところなら「3時間イベントスタッフ、1時間休憩の9時間働いて、日給2万」というあまりにも天国なイベントスタッフもありました。スマホの商品説明会ですね。これ以上いうと人が殺到しそうなのでお口チャックしておきます。(笑)

初めての応募は怖くなかった?

はじめての応募はやはり怖かったですね。え?そんなもらえるの?なんか怪しいってずっとなってましたし……。でも実際応募して働いてみると普通すぎて「あれ?」となったのが最初の印象です。

また、「え?こんな楽しくて楽なら飲食店で働いてる意味よ。」となりすぐにやめて、今では短期アルバイトに1本ですね。

いくらもらえたの?

結局、1万円であったり最高で3万円もらえたりしました。本当に求人の内容によります。3つの短期アルバイトを掛け持ちして1か月で30万円稼いだ時期もありましたね。それが夏休みです。バイト漬けなのですが、約1.5~2万円を1週間に4日×4週(一か月)=16日

16日×1.5~2万円=24~32万円です。1か月で大学生の約6か月分の給与を稼ぐことが可能です!

イベントスタッフにも様々な種類がある

イベントスタッフには様々な種類があります。その中で個々によっては、ライブのイベントスタッフの方が楽、ビラ配りの方が楽、商品紹介系の方が楽、受付、など得意不得意がそれぞれあると思います。

なので、もし今から始めようと考えている人は、とりあえず色んなイベントスタッフを経験してみてください。そうしたら、自分が何が合うかなどがすぐにわかりますから。

絶対、ヒーフー言いながら、店長にも怒られる飲食店より10倍は楽ですよ♪

動き出すなら今です!それでは!!

  • いいね! (0)
バナー8

おすすめ記事はこちら


バナー6

おすすめのテーマ