学生ライフ
【関学 総合政策学部新1年生必見】ECとキリ教は落とすな!!

こんにちは、あこちゃんです。

指定校推薦やAO入試が始まったり、関学の総合政策学部に受験や入学を決める人も多い時期なのではないでしょうか?

私自身も指定校推薦で総合政策学部に合格し、入学までの期間があったのですが「どんなことを勉強するの?」「ちゃんと単位は取れる?」と大学生の勉強に対するイメージが湧かず、とても不安だったことを思い出します。

そこで、この記事では、私からのアドバイスを書き残しておきましょう。

不安に思っている方も大丈夫!

総合政策学部の先輩である私からの、総合政策学部での必修科目である「EC」と「キリ教」は落とすな!!というお告げだけはとりあえず頭の片隅に置いておいてもらえると幸いです。



そもそもECって何なん?

English Communicationの略で、総合政策学部ならではの英語教育科目のこと。

1、2年生の全員が必修で、授業中は、指示も受け答えもすべて英語のみ。

在籍教員の3分の1が外国人教員という学部の特色を活かし、ネイティブスピーカーの教員がすべての授業を担当し、読み書きだけでなく、英語で思考し、質疑応答する授業。

入学直後に行われるTOEFLの結果でクラス分けをされ、レベルにあった20人程度の少人数クラスでReading、Writing、Listening、Speakingのそれぞれを週4日で行う。

参照:https://www.kwansei.ac.jp/s_policy/s_policy_009638.html

じゃあキリ教って何?

キリスト教学を略して「キリ教」。

学生が関西学院の建学の精神・スクールモットーを理解し、その理想の根底にあるキリスト教について基本的知識を習得することにあるとされている。

春学期は「キリスト教学A」が必修で組み込まれており、キリスト教学Aでは特に、関西学院の歴史、キリスト教をはじめ宗教を学ぶ意義、聖書、イエス・キリストの生涯と教え、キリスト教の文化など、キリスト教における基本的なことを学ぶ。

秋学期は「キリスト教学B」。キリスト教学Bでは、日本における宗教や日本とのかかわり、現代のキリスト者の社会的貢献、キリスト教の文化、そして聖書が示す世界観・人間観・死生観・他者などAより踏み込んだ内容を学ぶ。

両方が必修であるためAもBも単位取得が必須となります。

落としてはいけない理由

落としたから留年、落としたから卒業できない、なんてことはないんです。

再履修でしっかり単位を取れば問題ありません。

でもめんどくさい!!!!!

なによりもめんどくさい!!!!!

再履修して2回も3回も受ける方がめんどくさい!!!!!

一番の理由はこれです。

課題も時間をかけなきゃできないものが多く、ECもキリ教も1限目や2限目の朝早くから開講されます。

ほとんどの学生がうつらうつらとしているような感じです(超小声)。

2回も3回もたくさんの課題をこなして早起きしてつまらない講義に出席したいでしょうか?

効率が悪すぎますよね。

また、どちらもきちんと出席さえしていればきちんと単位が取れるため、逆に単位が取れていないとサボったなと思われてしまいます。悲しい。

だからしっかり1回で単位を取りましょう!

しっかり単位を取得するには?

どちらの科目もちゃんと出席しよう!!

それに尽きます。

ECでは、出席がほぼ成績です。

極端に言うと、私の経験上、ECを落とす人のほとんどが5回以上欠席したことにより単位を落としているという現状であり、授業内で行われる小テストが悪かろうが課題の出来が悪かろうが、きちんと出席していた人には救済措置を取ってくれます。単位をくれます。

先生みんな優しい(それにだいぶ救われた人がここにいます)。

また、キリ教も毎回の授業でコメント用紙を提出しなくてはいけないのですが、管理がしっかりされているため友達にお願いして代筆で提出しておいてもらうということができません。

1回提出を逃すと3点の減点をされてしまいます。遅刻でも1.5点の減点をされてしまいます。

ああ、もったいない!!!!!

キリ教はテストもあるけど出席のコメント用紙も成績に含まれるため、しっかり出席したらもらえる出席点から稼いでおきましょう。

出席点で貯金を作っておけばテストで少々こけても大丈夫。

気持ち的に楽というメリットもあります。

出席点は大事。

さいごに

なんとなく、大学での講義のイメージや単位を取ることについてのイメージが湧きましたか?

ECとキリ教についてはちゃんと出席さえしていればちゃんと単位を取得できるので安心してくださいね。

また、友達と情報交換をしながら課題をしたり、テスト勉強をするのもいいですよ。

持つべきものは友です。

キリ教に関しては全て講義で配られた資料などを持ち込むことが可能なので、講義を聞いてプリントの隅にメモを取っておくことを心がけておくといいことが起こるかもしれません。

冒頭でも言いましたが、総合政策学部の先輩である私からの、総合政策学部での必修科目である「EC」と「キリ教」は落とすな!!というお告げだけはとりあえず頭の片隅に置いておいてもらえると幸いです。

画像:https://www.kwansei.ac.jp/ksc/



  • いいね! (0)
バナー4

おすすめ記事はこちら


↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓

バナー5

おすすめのテーマ