学生ライフ
【大学生の1日シリーズ】大阪大学外国語学部3回生女子のとある1日。

・大阪大学外国語学部日本語専攻
・3回生
・女子
・1人暮らし
・サークルは所属していない

10:00 起床
現在11月中旬。
寒すぎる……布団から出たくない……ストーブまでの距離が遠い……。

10:30 洗濯機を回して朝ごはん
今日は授業3限からやし、洗濯物干してから大学行こ。

12:20 準備をして家を出る
3年も大学生をしていると授業に出るためだけにおしゃれすることに価値を見出さなくなる。けど、化粧はする。服は適当。

12:45 大学到着
キャンパス近くに下宿しているので、大学までは徒歩15分。
ただし阪大箕面キャンパスは山の上にあり、急勾配の坂を延々歩かないといけない。
通学のおともはiPod。今日は宇多田ヒカル。

授業が始まる前に生協で飲み物とお菓子を買う。だいたいいつもチョコと紅茶。

13:00~14:30 3限(日本文化学)
日本のお祭りや妖怪についてのお話。フィリピンにもカッパ的なやつがいるらしい。
先生が面白いので授業も楽しい。

14:40~16:10 4限(日本語学)
オノマトペや方言についての講義。
「ざわざわする」は東北方言だと「寒気がする」って意味らしいよ。

16:20~17:50 5限(日本語学ゼミ)
言語学の少人数ゼミ。論文を読んで発表したり、4回生の先輩方の卒論の発表を聞いたり。
教授がけっこう若い人なので、たまに話が脱線して好きなバンドやTwitterやインスタの話をする。
いつもちょっと早く授業を切り上げてくれるのがいいところ。

さすがに5限が終わるとキャンパスも過疎ってくる。
サークルには入っていないので、授業が終われば大学に用は無い。
(たまに食堂でゼミの友達とだらだら喋ったりする。そして食堂のおばちゃんに追い出される。)

夕方~夜

18:00 歩いて帰路へ
歩きながら晩ご飯のメニューを考えて、家の前にあるスーパーで買い物をして帰宅。
朝に干した洗濯物も取り込む。めっちゃ冷たくなってるけど気にしない。

19:00~ 晩ご飯を作って食べて片付け
一人暮らしは孤独との闘い。作るのも食べるのも片づけるのも自分。
最近は好きなラジオを流しながら作業をしているのでけっこう楽しい。

20:00~ だらだらする
YouTube、Twitter、インスタ、ゲーム、LINEであっというまに1時間が経つ。
ポケ森たのしい。

21:00~ あわてて課題をやりはじめる

明日の授業の予習、ゼミで発表する論文を読んでまとめる、締切間近のレポートを書く。
後回しにしすぎたツケが来ているとやることがありすぎて泣きそうになる。

23:00 集中が切れる
SNSに逃げる。就活サイトを見て鬱になる。

00:00 あきらめてお風呂に入る

1:00 おやすみ
夜型人間なのでこれでもまだ早く寝たほう。そのぶん朝が遅い。

一言

サークルにも入っていないしバイトもない日だったので単純に大学に行って帰ってくるだけの1日でした。
3回生にもなると大学なんてこんなもんですね。
箕面キャンパスは阪大の中でもずば抜けてこじんまりとしている(?)ので、キラキラキャンパスライフというよりは「おいでよみのおの森 ~のんびりスローライフ~」って感じです。
1人暮らしは楽だけど、ちょっぴりの寂しさをSNSと家事と趣味で埋める日々。

彼氏? 知らん。


>>他の大学生の1日を見る

シリーズ

大学生の平日

  • いいね! (12)
バナー8

おすすめ記事はこちら


新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。
バナー4

おすすめのテーマ