学生ライフ
【大学生の1日シリーズ】立命館大学法学部3回生女子のとある1日

・立命館大学 法学部司法特修(すこぶる真面目)
・3回生
・“気ままな” 実家暮らし
・かろうじてボランティアサークル所属
・ホテルフロントスタッフ(週1ペースの夜勤)
・知らない人に良く話しかけられる

朝 1日のはじまり

10:00 起床
朝はアンニュイ感を四方八方に放つ。

原因は低血圧。
健康診断ではこの血圧でよく生きてるね、といつも褒められる。

10:10 朝食・お出かけ準備 
フルーツグラノーラが大好き。
牛乳をかけるだけでガスも電気も使わない。
お行儀が悪いけれど、食べながらリサイクルショップで入手したスチーマーでお肌のお手入れ。

時間もお金も節約。

11:00 出発
音楽を聴きながら最寄り駅まで歩く。
聴くのは主に洋楽(ここだけウェイ)。

阪急電車に乗り京都市バスに乗り換え、キャンパスに到着。
Door to door で1時間45分。

12:45 大学敷地内到着 
講義が始まる前に持参のお弁当(おかん作)を貪る。

リニューアルオープンしたばかりの法学部校舎は食事不可のため、食べる場所を求めてキャンパスを放浪することしばしば。

決められたことはきっちりと守る法学部の鏡。

13:00~ 3限 朝鮮語の講義
学び始めて3年目。
ある程度のハングルを読めるようになった。
そろそろ韓国に行きたいなと思うけど、まだ行けてない。

朝鮮語を選択している女子の「オルチャン」メイク率高し。華やか(私以外)。

14:40〜 4限 犯罪学の講義
大人気の講義なので開始ギリギリに入室した私は立ち見席。

先生が米粒の大きさ。

16:20 帰路につく 
サークルには加入しているものの家が遠いことを理由に帰宅の途に着く。
新歓、夏合宿、追いコン等イベントめいた時にしか姿を見せない私は、皆既日食扱い。

17:00ごろ 帰宅途中 道すがら外国人観光客に声をかけられる。
「高い洋服を購入したのだけど、免税手続きはどうやってするの?(英語)」とちょっと癖のある質問。

「会計の時になんで店の人に聞かんかったねん。免税店じゃないショップで買ったのなら、できへんのちゃうん? 」と思いつつ、詳しくないのでSorry, I don’t know.と淡々と答える。

17:30ごろ 帰宅途中 電車内で日本人女性が一方的に話しだす。
「あなた、私と同い年くらいですよね。私ね、婚活パーティーに行ったのね。でも、またダメだったのよ。あぁ、めっちゃ結婚したい〜!あなたも結婚したい?」

あ〜、まぁいずれは‥と答える前に

「今の私の“結婚したい感”は20代の時と比べて全然比較にならないわ。36歳の今、熱烈に結婚したい感が高まってる!」と一人弁論大会。

‥婚活も大変ですね、と返答しようとしたけど、

あん?ちょっと待って。
私、この人に30代半ばと思われてるの??
これ、セクハラ?ゼクハラ?エイハラ?

結局、そんなに悪い人ではなかったし気持ちがシンクロするところもあってなんだか切なくなる。

18:30 無事帰宅
なぜだか帰りは行きよりも時間がかかる。
駅を降りて商店街をフラフラするのも原因の一つ。

夕飯までの間、無料WiFi下の自宅でSNS三昧。母に「働かざるもの食うべからず」と怒られる。

普通の人なら“手伝う”or “食べない ”という選択肢だろうが、“手伝わずに食う”道を模索する。

19:30 夕飯 
弟が帰宅したのでようやくいただきますの時間。

この頃には“仮病”も治り美味しくいただく。

食べながら録画番組のチェック。弟が一度観て面白かった場面だけをダイジェストで観るという荒技。

これも時短。

20:30 リラックスタイム
スマホをいじりながら、PCでYouTubeを鑑賞。

ある事情によりFacebookで情報発信する任務を担っているため、投稿ネタを模索する。

視神経の使いすぎとネタのなさへの絶望感から猛烈な眠気に襲われリビングでそのまま気絶。

24:00 入浴
叩き起こされ、のそのそと入浴開始。湯船に浸かりながら今日一日に思いを馳せる。電車で出会ったお姉さん、もしかしたら15年後の私が未来から忠告しに来たのではなかろうか、このままでは手遅れになりかねんぞと。鬱状態に陥る。

25:00 就寝
鬱状態と言う割には1、2、3で寝られるのが特技。おやすみなさい。

一日が終わる。

一言

京都でも大阪でも、国籍を問わず色々な人に声をかけられる。道を尋ねられるのは日常茶飯事。これが何かの金儲けに繋がらないかを模索中。もちろん法は犯さない。

彼氏? 知らん。(編集長かまたまさん同様)


>>他の大学生の1日を見る

シリーズ

大学生のとある1日シリーズ

  • いいね! (22)
バナー4

おすすめ記事はこちら


新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。
バナー7

おすすめのテーマ