恋愛に疲れた
【大学生的恋愛コラム】vol.2
結局かわいい子が好きな男子ってなんなの?

前回のコラム「会うたびに彼女が変わっているアイツ」ってなんなの?
でも述べた通り、大学生は様々な人と出会い、行動範囲も広くなります。

男子はいろんな女子に出会い、その中から「付き合いたい人」を見つけます。
そうするとどうしてもその中でもかわいい子に好意を寄せてしまう男子。
女子から見ると「結局かわいい子が好きなんでしょ?」となりがち。
じゃあなぜ男子は「かわいい子」が好きなのか、
今回も心理学的にそのへんを掘り下げていきましょう。

(ちなみに僕は心理学専攻ではないので気軽に読んで頂けると幸いです)

少し前に話題になった『量産型女子』

1,2年ほど前にtwitterなどで話題になった『量産型女子』という言葉。

女子大生を中心に髪の色も長さもコーディネートもほとんど同じ女子が大量発生していると話題になりました。

一説には、読むファッション誌が同じだったり、好きなブランドが一緒だったりするため
だそうですが、かわいい子のある一定の平均値を男子が求めたためとも言われています。

キャンパスを歩いていてこれぐらいのかわいい子がいると目が行ってしまうのも事実です。

かわいい子が好きなのは赤ちゃんの頃から!?

女子から見ればなんとも短絡的な男子の「かわいい子信仰」

しかし、これは実は赤ちゃんの頃からなのです!

・ロバート・ファンツの実験
発達心理学者のロバート・ファンツは実験で生後五日以内の新生児に誰もが美形だと思う女性の写真と、そうでない女性の写真を見せたところ、美形の女性の写真のほうを明らかに好んでよく見たという結果が出ました。

生後五日以内って・・・赤ちゃんっていうより赤子ですね。
そんな頃からかわいい子が好きとは・・・。いよいよ本能なのかもしれませんね。

 

「男は目で恋をし、女は耳で恋に落ちる」

「男は目で恋をし、女は耳で恋に落ちる」
という言葉にもあるように、男性は目から入る印象の方が強く印象付けられます。

また、男性が好みの女性を選ぶ際、「視覚」を司る脳の特定部位が活性化するという研究結果もあります。
この理由は私達の祖先の狩猟生活にあるようです。

男性は狩猟生活において獲物を探すために視覚からの情報がとても大事でした。

だから男子は「見た目」を重要視するんですね。

一方、女性は集落の仲間の女性たちとコミュニケーションを取りながら、家事・育児等を行ってきたので言語能力に加えて、言葉を聞き取る「聴覚」を発達させました。

「低い声の人が好き」という人がいるのもこのためらしいです。

「かわいい子」を彼女にするオレ、カッコイイ

またかわいい子が人気なのは男性の自尊心からもくるもののようです。

男子はみんなから人気の女子を彼女にすることで周囲からうらやましがられ、
優越感に浸れることで自分の自尊心を満たそうとします。

自分単品より「かわいい彼女を連れている自分」になることで自分を実際より大きく見せて
周囲の人から誇大評価を得ようとします。

ちなみにこれを心理用語で「ハロー効果」といいます。

じゃあ「かわいい子」になれば得するの?

それでは女子はかわいくなればモテて幸せになるのでしょうか?

先述のとおりかわいくなれば少なからずモテます。

しかし幸せには繋がりにくいようです。

ある調査では美人の女性の写真について印象を聞いたところ
「社交的」「裕福」「公私共に成功していそう」など、いいこと尽くしの印象ばかりでした。

かわいいという情報しかないのに様々な印象を持たれてしまいます。

また別の実験で、美人に詐欺の罪状をつけ、被験者に量刑を聞いてみると、かなり重い判決を下す傾向にあった。という結果もあります。

「美人」だからこそ良い印象を持たれてしまうがために、騙された時に評価はドン底になります。

かわいくなることで全てが順風満帆になるわけではなさそうですが、
今好きな人がいる女子は相手に好かれるようかわいくなるのは有効な手段かもしれませんね。

さて、どうでしたでしょうか。

僕自身「かわいい子信仰」ではないのですが、事実としてかわいい子は人気があります。

くれぐれも量産型女子になって、万人にモテようとせずに
好きな相手、または彼氏の「好みの女性」になろうとする方が大事なことかな、と思います。

シリーズ

【大学生的恋愛コラム】vol.2

参考文献

匠 英一「男心・女心の本音がわかる 恋愛心理学」ナツメ社

  • いいね! (15)

新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。

おすすめのテーマ