知らぬが恥
ラーメン好きすぎてラーメン屋取材してきたvol.1【みつか坊主】

どうも、ラーメンライターのセナです!

今までは複数のお店を紹介する形でしたが、絶品ラーメンを生みだしている方の生の声を聞きたくなって今回は直接インタヴューにきました。 

取材させていただくお店は…………

みつか坊主さんです!

僕自身大学1回生の時から何度も足を運ばせていただいているお店で「取材するならまずここ!」と決めていました。

みつか坊主さんは現在、梅田蛍池に2店舗構えておられて、今回は蛍池のみつか坊主(仮)にお伺いさせていただきました。

今回、取材させていただくのはみつか坊主代表で創業者の斉藤さんです。

※この記事を読んでくれた皆さんに特典があるのでぜひ最後まで読んでくださいね。

取材スタート

sena 「いきなりですがラーメン屋になろうと思ったきっかけや理由を教えてください!」

saitousan 「そうですね、理由は2つあります。1つ目が僕自身ラーメン好きだったことで、2つ目が僕の地元、蛍池が好きじゃなかったことです。」

sena 「え? 蛍池が嫌いだったんですか?」

saitousan 「そうなんです(笑)。伊丹空港は元々国際空港だったんですけど、国際便がなくなったりしてネガティブワードが多かったんですよ。それと以前北海道に住んでいたことから北海道の有名な味噌ラーメンを蛍池に誘致して町おこしをしようと企画したのがきっかけです。近くに阪大もあって人はいるのでポテンシャルのある土地だと思ってました。」

sena 「企画者からなぜラーメン屋に?」

saitousan 「全部断られたんですよね(笑) そこから自分で土日など使ってラーメンを作り始めました。」

sena 「え? 独学でラーメンの勉強をされたんですか?」

saitousan 「そうです。土日の早朝から豚骨をマンションのベランダで割ったりしていて、通報されて警察が来たこともあります(笑)」

sena「毎週、ベランダで骨割っていたら怪しいですもんね……。」

saitousan 「そこからラーメン作りの面白さに目覚めて9年前に店舗を構えました。」

sena 「やはり味噌ラーメン専門店にしたのは北海道に住んでいた影響ですか?」

saitousan 「そうですね北海道に住んでいた頃からよく味噌ラーメンを食べ歩いていました。それとそういった専門店が当時大阪にはなかったので競争率の観点からもあります。」

sena 「専門店だと独占出来るメリットもありますがリスクもあったんじゃないですか?」

saitousan 「はい。うちはいわゆる野菜たっぷり・バター・太麺といったいわゆる北海道の味噌ラーメンではなく、各味噌本来の味を引き出す細麺で当時から提供してきました。初めはお客さんに「こんなん味噌ラーメンちゃうやん。馬鹿にしてるやろ。」と言われたこともありました……。」

sena 「そんなこともあったんですね。」

saitousan 「僕も食ってかかって「味噌ラーメンの定義って何ですか」と聞いて口論していましたね(笑) もちろん今ではしないですよ!」

sena 「今までどれくらいの種類の味噌使ってきたんですか?」

saitousan 「うーん……分からないくらい使いましたね(笑)。今は常時15種類は使っています。」

sena 「え! そんなに多いんですね。仕入れはどうしているんですか?」

saitousan 「最初はネット注文でしたが、実際に生産者の方を訪ねることも多いです。そこから味噌友達もたくさん出来て情報交換にも役立っています。生産者と距離感近くやれるのは食材により自信が持てますね。」

sena 「話は変わりますが、1年前に元の蛍池店が火事になって、このみつか坊主(仮)が出来るまでの苦労話教えて頂きますか?」

 saitousan「苦労もありましたが、地域のお店に支えられたことが一番大きいです。本当に恩返しするという意味で再オープンさせることが大事だと思っていました。また多くの方にご迷惑をかけたので1年は自粛という意味で待たせていただきました。」

sena 「僕自身、再オープンのニュースを聞いたときはめちゃくちゃ嬉しかったです!」

試食までさせてもらいました。

sena 「斉藤さんの一押しメニューを教えて下さい!」

出典:http://mitsukabose.com/

saitousan 「一番は「白味噌」です。これは本当にみつか坊主の原点の味です!」

saitousan 「あとは7月20日から昼限定でスタートするこのエビカレーラーメンですかね。うちは型にはまったラーメンというのがないのもウリです。」

sena 「そうですね! 僕の中で昔、月限定だった鯖味噌つけ麺が印象的です。本当に鯖の味噌煮食べてる感じでした。」

inouesan 「実は鯖味噌つけ麺は僕が考えたんですよ!」

ここで登場していただいたのが、スタッフの井上さん。

みつか坊主さんではスタッフ全員で新商品開発をおこなっているそうです。

sena 「そうなんですか! 発想が凄いと思いました。」

inouesan 「ありがとうございます。僕は新しいラーメン考える時、よくサークルKサンクスに行くんです。」

sena 「え? サークルKサンクスですか?」

inouesan 「サークルKって他のコンビ二よりインスタントラーメン多いんですよ。だから、コンビニの変わり種ラーメンを参考にしてみつか流で味噌をアレンジしてつくるんですよ!」

sena 「そんな風にして考えておられるんですね~!」

inouesan 「今日は味噌のミートソースラーメン作ってみました。ぜひよかったらエビカレーラーメンとあわせてどうぞ!」

sena 「うわー! いいんですかー!(やったー、二杯も食べれる。取材来てよかった♡)」

エビカレーラーメンはスパイシーなカレーに白味噌と同じものを使った味噌がマッチしてとても濃厚でとても美味しかったです。

ミートソースラーメンは普通のミートソースって単純な味になりがちだと思うんですが味噌を加えることで、味の深みが増してとても新しい味でした。

特別コーナー:ラーメン屋さんの勧めるラーメン屋さん聞いてみた!

sena 「斉藤さんのオススメのラーメン屋さん教えて下さい!」

saitousan 「そうですね! オススメは「青二犀さん」、「らーめんstyle JUNK STORYさん」、「フスマにかけろさん」、「とっかりさん」、「KUCHEさん」、「虎一番さん」、「麺哲さん」ですかね!」

最後に……

斉藤さんご丁寧に全ての質問に答えて下さってありがとうございました!

味噌ラーメンに対する熱い思いや食材に対するこだわり、生産者さんとのチームワークなど本当にこだわりを持って仕事されているなと本当に感じるお店でした。

日替わりラーメンや月限定などで新しいラーメンを常に模索して、客に飽きのない工夫も凄いされています。

また、箕面ビールや能勢町の日本酒も提供していて、それが最高に合うらしいのでお酒好きにもオススメです!(箕面ビールさん、能勢町の秋鹿酒造さんと共同で味噌ラーメンに合うお酒を作っているそうです。)

お店情報

店名

みつか坊主 大阪空港本店(仮)

住所

大阪府豊中市蛍池中町2-5-13

営業時間

【火~土曜日】19:00~25:00
【日曜日、祝日】12:00~16:00 
 ※材料が無くなり次第終了

定休日

月曜日※月曜日が祝日の場合も定休日

店名

みつか坊主 醸 (カモシ)

住所

大阪府大阪市北区大淀南1-2-16

営業時間

【平日、土曜日】11:30~14:30 /18:30~23:30
【日曜日、祝日】11:30~14:30 /17:30~22:00
 
※材料が無くなり次第終了

定休日

無休(年末年始を除く)

関西ラーメン紀行

みつか坊主

  • いいね! (4)

新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。

おすすめのテーマ