学生ライフ
海外旅行では要注意!食あたりの悲惨な話と対処法4選

こんにちは。初めて記事を書くがっきーです。

突然ですが皆さん、お腹は丈夫ですか?僕は、日本では食あたりなんて無縁で、丈夫なお腹でした。しかし…そう思っていただけでした。 やっぱり僕たちは日本人です。すごく衛生的な国に住んでいますね。 だから日本人は、ものすごーーーくデリケートな体なんです。 なんせ、僕がジャカルタにいった時、一晩で 20 回以上トイレにいきましたから。 旅の終盤では、動いたらすぐトイレ、 水を飲んだらすぐトイレ、というとんでもない状態になりました。

皆さん、そんなことになりたくないですよね?

・どういった経緯でお腹を壊したか
・そうならないための「注意点」「持ち物」

を書いていこうと思います。

・どういった経緯でお腹を壊したか

東南アジアを 10 日間旅行するという計画をたて、最初のバンコクでは快適な旅をしてい ました。ジャカルタに移動して、初日に異変がおきました。 「なんか食欲ないな、なんか熱っぽいな」と感じましたが、 せっかくの旅行ですし、テンションで何とかなると思い、体調が悪いのは気のせいということにしました。

その日の夜、「なんか体が熱いし、頭いたいな」と感じ、熱っぽい症状がでてきました。(後で知ったのですが、食あたりにかかった人は、身体が侵入した雑菌と戦っているので、熱がでることが多いらしいです) とりあえず、風邪薬を飲んでその日は寝ました。

次の日の朝、物凄い吐き気。 当然その日はたいして観光することもできず、部屋でゆっくりすることに。 その日の夜ぐらいから、お腹の調子が悪くなってきます。 はい、その日はもう悲惨です。20 回以上トイレに行くので、結局トイレの床で寝ました。

・せっかくの旅行でそうならないための「注意点」

基本的なことですが、海外で屋台系の食べ物をたべない。海外、特にアジア系の国々は日本 と衛生観念が違います。お金を触った手のままで、食べ物を調理することなんてざらです。 (ちなみに、海外のお金からは何とも言い難いあのイヤなトイレの臭いがします…)

次に注意するのは機内食です。 僕はバンコクからジャカルタに移動する際にある航空会社を利用したのですが、機内食がとんでもなく不味かったです。異臭がしました。ジャカルタについた直後に食あたりになっ たので、僕は機内食が怪しいと思っています。皆さん、機内食だからといって安心せず、食べられるか確認してくださいね。

最後は水です。基本的ですが、海外の水はほぼ飲めません。ミネラルウォーターを買いましょう。

続いて、あると便利な「持ち物」

必要な物はざっと、

①ウェットティッシュ
②ティッシュ(トイレットペーパー)
③整腸剤
④海外旅行保険保険証

の4つ。

以下にその重要性を詳しく述べていきます。

①ウエットティッシュ

ご飯を食べる前につかいましょう。

②ティッシュ(トイレットペーパー)

そして、ティッシュ(トイレットペーパー)はお腹を壊した時ものすごく役に立ちます!!

食あたりになった時のトイレットペーパーの消費量は尋常じゃないですよ。 食あたりになったら、当然ホテルに備えつけのトイレットペーパーは一瞬でなくなります。 そのため、トイレットペーパーを持っていくとものすごく助かります。 また、外出中にトイレにいった時、万が一のためにポケットティッシュも持っていきまし ょう。

③整腸剤

どうしても下痢が止まらないときは、整腸剤を飲めば軽い下痢なら症状がましになります。 しかし、深刻な症状の場合はどんな整腸剤を飲んでも効果はないので病院に行きましょうね。

④海外旅行保険証

学生のみなさんの中には、保険料を払うのはもったいないから海外保険には入らない、と思ってる人もいるかもしれません。しかし……絶対入るべきです。

日本で食あたりになったことがなくても、海外で食あたりに苦しむ人は沢山います。 また、海外の雑菌は強力なのか、日本で食あたりになるのに比べて症状が深刻化しやすいです。海外保険に入っていたら病院代もタダですし、病院に行く交通費もタダです。 海外のどの病院にいっても、領収書さえ控えれば、後日全額保険会社から返金されます。

僕が一番お勧めするのはキャッシュレス・メディカル・サービスです。 このサービスは、保険会社と提携している病院に行くと、海外保険契約書を見せるだけで、治療を受けることができるというもの。 治療費の請求は保険会社にいくので、僕たちに請求はありません。 すごく楽ちんです。

保険会社と提携している病院は案外たくさんあります。 僕が契約した保険会社だとジャカルタだけで 27 個もあったので、ホテルからすぐ近くに提携している病院を見つけられました。 提携している病院の凄いところは、それだけでありません。 日本語が話せるスタッフが常駐しています。 神戸で一年間看護の実習をしていた看護師さんと、点滴を受けている間に仲よくなりまし た。(笑)

さらに設備がものすごく立派で、サービスもすごく良いです。 病院で僕はなぜかパンをもらいました(笑) 。食欲がない上に、食べたらすぐトイレに行くのに、なぜかフランスパンを丸丸一つと紅茶を振る舞われました。(料金は保険会社もちだから、必要以上にサービスをして料金を高くし ているのかな?)

海外で調子が悪くなった時に心強い海外保険。 料金が気になると思うのですが、一週間〜二週間程度の旅行なら 3000 円から 5000 円払えば 十分です。万が一のために入ることをお勧めします。

楽しい海外旅行にするために

さてさて、せっかくの楽しい海外旅行を、食あたりで一日中ベットに寝込んでい た!下痢が止まらないから、トイレで寝ていた!

なんって思い出にはしたくないですよね。 海外旅行に行くときは、記事に書いている注意点を意識するのと、持ち物を忘れないで持って行ってください!!!

シリーズ

旅の話。

  • いいね! (7)
バナー4

おすすめ記事はこちら


↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓
↓おすすめ記事↓

バナー6

おすすめのテーマ