恋愛
映画から学ぶ恋愛の解決法3選。

こんにちは。しみたくです。

人生とは選択の連続です。

選択の連続の結果が今のあなたの環境をつくっています。

そして人は、ふと思う。

あの時こうしていたら…と。

特に恋愛において感じることが多いのではないでしょうか。

あの時あんなことしていなかったら別れずに済んだのに…。

あの時勇気出して告白していたら付き合えたのに…などなど。

考えても意味はないと知ってるけど、どうしたらいいかわからない。

その対処法を今回は映画から学んでみましょう。

対処法①今が一番ベストだと信じる

1

映画「バタフライエフェクト」

あの時ああしてたら系映画の代表作とも言えるこちらの映画。

ザックリとしたあらすじ

過去に戻る方法を見つけた主人公が過去の失敗をどんどんやり直していく話です。

ある時、主人公の好きだった相手が自殺してしまいます。それを防ぐために過去に戻ってやり直しても、次は自分が死にかけてしまいます。

過去の選択をやり直して良い方向を選んでも結果的により悪い状況の現在を招いてしまうことが続きます。

結果主人公は過去に戻る力を捨てて、今を生きる選択をします。

この映画から学べる対処法は、

あの時ああしてたら…と考えるよりも、あの時ああしていなかったら今がある。

今がベストだと信じて進んだ方がいい。

ということです。

対処法②今からでも遅くはないので行動する

2

映画「あと1センチの恋」

こちらも有名な映画です。タイムトリップの話ではありません。

ザックリとしたあらすじは

幼なじみの2人がお互い好きだった瞬間があったのに思いを伝えなかったために歯車の噛み合わない人生になってしまう話です。

この映画は7歳で知り合った2人が、付き合おうと思った時にはもう相手に彼氏彼女がいるという展開が50歳まで続きます。

結末は、すれ違い続けた2人が、互いに失恋、離婚、出産などを経て50歳にして、ようやくお互いの想いに気づき、男性の方が全てを捨てて女性に会いに行きようやく結ばれます。

この映画から学べる解決法はお互いに色んな事を経験しているからこそあの頃とは違った付き合いができるかもしれない。

今からでも遅くはないと信じて行動してみるのも大事!

ということです。

対処法③これからの自分を大切にする

3

映画「恋はデジャヴ」

ちょっと古い映画です。

ザックリとしたあらすじは、

主人公が何てこともない1日を延々と繰り返してしまう話です。

寝て起きると同じ日の朝。何回寝ても、警察に捕まっても、そして死んでも。何をしてもその1日の朝に戻ってリセットしまうんです。

意中の女性と素晴らしい夜を過ごせたこともあったのですが、またリセットされて相手はそんなこと覚えていない。

そんな中、唯一繰り返さないのは自分の記憶と意識だけ。だから主人公は行動します。それまではワガママで高飛車で嫌われ者、好きな女性のために何かするような性格じゃなかった主人公も、同じ日の繰り返しの中で行動を変えることで、周りの人に愛され、意中の女性にもちゃんと想いを伝えるようになります。

その結果、やっと明日が来ます。

この映画から学べることは過去を後悔しているようではまた同じ失敗を繰り返すだけ。

自分が変わらなければ未来も変わらない。

ということです。

恋愛は映画から学べる

さて、いかがだったでしょうか。

後悔の対処法には色々あります。

過去をやり直そうとするか、今を信じるか、未来を変えようとするか。

今回紹介した対処法と映画は3種類ありましたがそれぞれに共通していることは

「自分を変えた。」

ということ。

自分を変えずに過去の失恋を忘れるために適当な相手と付き合うというような事をするとまた同じ失敗を繰り返してしまうだけです。

環境を変えるにはまず自分から。

そう考えるキッカケになるような素晴らしい映画を観てみるのはどうでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シリーズ

【恋愛コラム番外編】

  • いいね! (7)
バナー8

おすすめ記事はこちら


バナー8

おすすめのテーマ