学生ライフ
卒論やレポートの参考文献を探す便利なサイトがあります!【レファレンス共同データベース】

こんにちは、みくすけです。
卒論に悩まされている4回生のみなさん、いかがお過ごしでしょうか。

もう書いた!? え! 早くない!?

何かと進度の遅い私のゼミは後期から卒論に取り掛かり始めました。
先行き不安です。頑張ります。焦ってます。

ちなみにみくすけの卒論テーマは
「The Light and Darkness of Fast Fashion」

アメリカ文化について学ぶゼミなので、もちろん英語で書きます。
かっこいいでしょ?

自分で参考文献を探して書いていくのですが、こんな時に発生するのが
「何を読めばいいかわからない」問題。
深刻です。だって、
「何を読めばいいかわからない」んですもの。

世の中には溢れんばかりの本が存在するわけでして、その中から自分のテーマにぴったりの本を探すのは至難の業…。
タイトルで選んでも、自分が知りたい内容について書かれているかはわかりません。
そんな悩みを抱えるあなたに、私みくすけが、とっておきの方法を伝授いたします。

そう…

これだ!

レファレンス協同データベース

レファレンス協同データベースとは?

レファレンス協同データベースは、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。

調べ物のためのデータベース。
つまり、調べたい内容のキーワードを入れると
「こんなサイトあるよ!」とか
「こんな本あるよ!」などと
丁寧に教えてくれるデータベースなのです!
なんて便利なの……!

みくすけ、早速調べてみました。

「Fast Fashion」について書くには、やはりその歴史や現状について詳しく調べなければ……。
そのためには、流行のきっかけや表には出ない工場の労働環境なんかが、詳しくわかる本とかないかなぁ…

とりあえず「ファストファッション」で検索。

おっ! 6件!

ふむふむ…。

お、

「ファストファッションについて、その語源的な由来ではなく、どこでどのように始まったのか、その起源について記されている本があれば教えてほしい。」

同志よ! 私もそれを知りたかった!
これは参考にできる資料が見つかりそう!?

「ファストファッションの起源について明確な記述のある資料は、残念ながら見つけることができなかった。調査した資料の中では、下記資料に若干記述があった。」

なかったとしても、それに近い文献を提示してくれるなんてなんて親切なの!?
紳士か!? どこまでも優しい英国紳士か!?

下にスクロールしてみていくと…、

おおお! これらの本を見つければいいのね!
なるほど! これは探しに行かねば!

書店で膨大な本の中を彷徨うより、これは効率が良い。

それでは早速本屋さんに行ってきます!

みなさんも「レファレンス協同データベース」を活用して素敵なレポートライフを…。

 

<<関連記事>>

「はじめに」、「おわりに」さえ決まればレポートの9割は完成!? レポート地獄を乗り切ろう!!!

シリーズ

大学生の味方

  • いいね! (4)
バナー6

おすすめ記事はこちら


バナー5

おすすめのテーマ