学生ライフ
大学からドラムデビュー!恥ずかしくない!基本の8ビートの打ち方!

こんにちは!休日ドラムかゲームしかしてないりょーちんです。

”ドラムを大学から始めるって言ったけど正直どうすればいいのかわからない”というそこの君!

この記事を元にまずは基本のリズム身につけようぜ!

ということて今回は8ビートと言われる基本パターンの練習法を私が身につけた時に、実感した体験を元に紹介していきたいと思います。

《関連記事》
りょーちんのドラム講座
【ドラム初心者に読んでほしい】ドラムってどうやって叩けるようになったの?

ロックビートのハイハットを4分で叩いた8ビートの叩き方!

【ドラム経験者が勘違いしてる?】○ビートは実は違った!?

まずは手から

右手は、ハイハットと呼ばれる二枚貝のようなところを叩きます。

(踏むことで、ハイハットの音が小さくなり、ズレた時がわかりやすいので修正がしやすいです。慣れてきたらペダル踏まないで叩いたらどうなるかもやってみましょう。)

左手は、その下の太鼓のスネアと呼ばれる部分を叩きます。

叩く時、手をクロスにして右手が上で左手が下

リズムとしては、
右手4回叩いて、左手は1回叩く
ハイハット4回、スネア1回

右手○、○、○、○
左手×、×、○、×

音源はコチラ!

と叩きます。これで手は完成です。

あとは、そのリズムを繰り返し。リズムが早くなればなるほど叩いてるわ私~!って実感が沸きます。

足を追加する

ここからが難しいです!
手のリズムの刻み方を理解したら、次は右足を入れます。

ドンドンっと低い音が鳴るバスドラムです。
バスドラムを打つタイミングは
右手 ○、○、 ○、 ○
左手 ×、×、 ○、 ×
右足 ○、×、 ×、 ×

音源はコチラ!

ともう一つ

右手 ○、○、○、○
左手 ×、×、○、×
右足 ○、○、×、×

音源はコチラ!

右手の1番目に右足を1回いれる。

右手の1番目2番目に右足を2回入れる。

これ、初めは地獄と言うぐらい難しいです。

自分もバラバラになんて1時間やっても、ん?って言うぐらいの地獄です。
本当にゆっくりでいいので着実に出来るよう行ってください。

ある程度繰り返しが出来スムーズに出来れば次に進んでください。

混合させて練習をしてあとは慣れる!

先程右足を加えた
右手○、○、○、○
左手×、×、○、×
右足○、×、×、×

ともう一つ

右手○、○、○、○
左手×、×、○、×
右足○、○、×、×
がありますよね?

あれを交互に行うのです。

右手○、○、○、○、○、○、○、○
左手×、×、○、×、×、×、○、×
右足○、×、×、×、○、○、×、×

音源はコチラ!

これのセットを繰り返します。

これが、みなさんがよく聞く基本の8ビートです!
これで基本の8ビートは叩けるようになりました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
と8ビートを叩けるようになれば、カナブーンのシルエットや 少しテンポが早いですがDOSEの曇天や修羅、God knows…などが叩けます。

(厳密に言うとバスドラムの踏むリズムなどがちょっと応用の入るリズムなどで、完全にではありません。ただ、演奏する分に感じてはそんなに違和感を感じません。)

その他にも8ビートを使用してる曲はいっぱいありますので、ぜひ自分の聴いてる曲の中でこれは8ビートかな?叩けるかな?というものがあったら積極的に挑戦して叩いてみてください!
それでは!!

シリーズ

りょーちんのドラム講座vol.2

  • いいね! (3)
バナー8

おすすめ記事はこちら


新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。
バナー6

おすすめのテーマ