学生ライフ
【国を知ろうシリーズ】 世界1裕福な国、、、!?前編

https://static.retrip.jp/article/10440/images/10440ffcbba35-ee87-409b-b211-317ff577071b_m.jpg

みなさんこんにちは

すっかり寒くなってきましたね~。。。

風邪を人生で2回しかひいたことのないくっすんです!無敵ですね!

皆さんは体調管理に気を付けて素敵な冬をお過ごしください。

さて、今回のテーマに移ります、、、

実は僕、大学では国際ボランティアサークルに入っています。

いろんな国にメンバーを派遣して、国際協力を行うサークルなのですが、

主に派遣される国っていうのが、

東南アジアの国々なんです。

東南アジア知ってる?

まず、どこそれってなった方へ

東南アジアは大体この辺を指します。

http://www.tkago.net/img/tguide/seasia/seasia_map.gif

この緑色の国々ですよね!

日本はこの上らへんに位置して、オーストラリアはこの下らへんになります。

で、なんで東南アジアへの派遣なのかというと、日本から距離が近いし、関係性が親密、いわゆる仲良しだからなんです。めちゃくちゃ難しい話になりますが、日本から発展途上国への支援金である、政府開発援助(ODA)は東南アジアが上位です。難しかった人は忘れていいです。というかこの辺は気にしなくていいです。

当然ボランティア派遣の対象国なので、日本より所得が低く、貧困国と称される国が多いです。

そんな東南アジア、皆さんはどんなイメージもってますか?

やっぱり貧困田舎だったり、赤道に近いから暑そうだったり、はたまたジャングル虫めっちゃいそうなど、いっぱいあると思います!

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%80%94%E4%B8%8A%E5%9B%BD+%E5%AD%90%E4%BE%9B&espv=2&biw=1536&bih=759&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiW6oKg9LvQAhWKoJQKHddaDcgQ_AUIBigB#tbm=isch&q=%E3%81%93%E
3%81%A9%E3%82%82%E3%80%80%E6%9D%B1%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2&imgrc=DngUaOeBOz_HrM%3A

今あげたイメージは全部正解です!全部当てはまります!

やっぱり地球っていうのは緯度が低くなればなるほど、こういうイメージが強くつきます。

しかし

僕はこのイメージ以上に、実はこんなイメージを持っています。

それは、

近代化の速度が異常な国々ってイメージです。

めちゃくちゃ簡単に言うと、進化が早すぎる。ってことです。

もっと簡単にいうと、ポケモン1日で殿堂入り並みの速さで進化し続けているんです、、、。

所得も技術も何もかもえらい速度で進化しています。

今日はその近代化が進む東南アジアの国々の、実はそうだったのかをお届けします!

とても面白いです、、、、。

ASEAN知ってる?

http://borntobunk.com/blog/wp-content/uploads/2015/04/ASEAN.png

国に移る前に東南アジアの国々が組んでいるチームについて説明します。

先ほど説明した通り、東南アジアは今急成長中です。潜在能力半端ないです。野球部でいうと、うますぎて上級生から調子に乗るなと言われる1年生みたいな感じです。

なので十分世界の市場経済に入って動かしていく力があります。

でもさすがに1つの国だと心細い、、、、まずは自分たちで仲良くなろや、、、、という流れで1967年にASEANができました。

徐々に徐々に東南アジア諸国が加盟していき、現在では10か国の加盟国で構成されています。

http://old.asean.or.jp/kids/asean/image/map.gif

東南アジアのほとんどがASEANに加盟しているんですね~。

今回はそのASEANに加盟している国の、マレーシアブルネイの2か国について詳しく説明します!

特にこのブルネイという国、、、、すさまじいです、、、、、。

マレーシア知ってる?

http://freesozai.jp/itemList.php?category=nation_flag&page=ntf_141&type=sozai

まずはこちらをどうぞ

https://static.retrip.jp/article/24385/images/2438555a41b2a-c87c-44c6-9a7a08d0378e3d80_m.jpg

http://3bakayottu.com/wp-content/uploads/2011/06/P6040170-1.jpg

http://www.wallpaperlink.com/images/wallpaper/2007/0706/03550x.jpg

高いビルに、神々しい摩天楼、まさに都会!!という感じ。

アメリカかな~日本かな~、いや、ロンドン、パリ、その辺かな~

、、、、、、、マレーシアなんです!

確実に僕の地元の広島よりは都会、、、

東京、大阪、名古屋って言われても全然納得できるほどの街、、、、、。

ここはマレーシアの首都、クアラルンプールと呼ばれる、世界的にも影響力のある大大大都会です!

クアラルンプールといえばこの

http://find-travel.cdn-dena.com/picture/articlebody/81825

『ペトロナスツインタワー』

いやあ迫力がすごい。世界有数の超高層ビルです。

2003年までは、世界1位の高さを誇っていたほどであり、ツインタワーとしては今もなお世界1位の高さです。

もうこの画像だけで分かりますよね!

マレーシアを含めたASEAN、東南アジアは、もはや大都市をもつ国々の集まりなんです!

マレーシアの位置はここ

http://www.tkago.net/img/tguide/seasia/seasia_map.gif

国が大きく二つに分裂していて、片方はマレー半島、片方はカリマンタン島という島にあります。そんなことはどうでもいいです。

宗教はイスラム教がほとんど(仏教じゃないよ!!)

http://www.mag2.com/p/money/2720

ですが、

マレーシアは様々な人種、民族からなる国です。

なので、宗教も混在しています。ほとんどがイスラムだけどね!!

マレー系、中華系、インド系など、文化の違いで様々な問題は多少ありますが、多くの人種や民族の人たちが街を歩いています。

今世界中が目指していて、日本でさえ達成できていない多文化共生、グローバル化がみられる国なんです。

 (マレーシア以外にも、シンガポールなどでも多文化共生がみられます。)

 今よりも『都会』を目指したり、元々日本と違って多くの民族がすむ土地ならではですね!

そして、マレーシアは世界有数の資源産出国なんです。

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/08/08/15/34/wilhelmshaven-1578577_960_720.jpg

まず、取れないものがあまりありません。

ものを作るのに必要不可欠な、石油、石炭、天然ガスはすべて取れます。

しかもめちゃくちゃ取れます。

ゴムを作るパーム油なんて世界2位

金も銀もすず鉱もとれる。

その資源のおかげで、自動車などの工業、携帯チップなどのIT産業も世界的にも有名です。

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/09/02/18/38/architecture-1639990_960_720.jpg

資源大国はやはり、経済発展を経ていろんなことができます。

マレーシアも当然いろんなことができます。

リゾート開発だってできるし、世界1美味しいといわれたインスタントラーメン、ペナンホワイトカレーヌードルも作り出しました。

http://www.jjxywh.com/top_beachresort.html

http://i0.wp.com/tsunebo.com/wp-content/uploads/2015/06/s-517338.jpg?fit=600%2C450

と、こんな風にマレーシアという国は、たくさんの秘めたる力を持っています。

僕からしてみれば、もう貧困というイメージはありません。

ただやはり都市部と農村部の経済格差などは日本などの先進国と比べてだいぶ大きいですが、、、、、

急急急成長中のマレーシア、わかっていただけたでしょうか。

ただ、そんなマレーシアよりもゴージャスな国があるんです、、、、、。

この国はヤバイ、、、、

ブルネイ知ってる?

http://event21.co.jp/byo_101_asia_bl.htm

おそらく、ブルネイという国は知らない方がほとんどだと思います。

聞いたこともないわあという方のために、ブルネイの基本知識を説明します。

場所はここ、マレーシアに隣接する位置になります。

http://www.tkago.net/img/tguide/seasia/seasia_map.gif

どこだろう、、、、。

マレーシアに隣接する国、、、、、。

先ほどのマレーシアは確かここ、、、、

http://www.tkago.net/img/tguide/seasia/seasia_map.gif

上に隣接する国はタイ、下はインドネシア、、、、。

どこにあるん、、、、、。

http://www.tkago.net/img/tguide/seasia/seasia_map.gif

ここです!

めちゃくちゃ小さいです!!

拡大するとこんな感じ

http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/map/Brunei/image/Map_of_Brunei_and_neighboring_countries.gif

大きさは日本の三重県とほぼ同じ、、、、小さいですね

そんなブルネイの基本知識

http://4travel.jp/os_area_country-brunei.html

人口は40万人ほど、東京都の品川区の人数とほぼ同じ。

イスラム教が主流で、マレー語に加え英語も広く話されています。

 国土の大半は未開発のジャングルに覆われており、豊かな自然が広がる国でもあります                                                                                                    

 鼻が長いことで有名なテングザルもこのブルネイが位置する島限定でみられる動物です。

https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8265872137/user/article/113476796856925946/01d4fcfcd8ee1139b0f548d681738691/cached.jpg?option=crop&width=700

ブルネイ、どこがすごい国なのでしょうか、、、

それはこれを見れば少しだけわかるかも。

http://www.t-compass.com/wp-content/uploads/2015/12/18809812965_fab5222ea4_z.jpg

http://img.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/10/85/43/src_10854377.jpg?20140201143428

http://magazine-uploads.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2014/08/newmosque-599×425.jpg

なんとなくわかりましたか?

ASEANで一番影が薄く、聞いたこともないという方が多いであろうこのブルネイ、

実は

世界一裕福でセレブな国と呼ばれているのです

http://blog.omiyageya-san.com/lifehack/gold2/

こんなに小さい国にそんな経済力があったなんて、、、、、

そういうわけではありません。

実はブルネイ全体の国としての経済力は、鳥取県の50%ほどしかありません。

なぜ裕福なのかというと、

キーワードは

石油と天然ガス産業と、人数の少なさにあります。

まず、このブルネイという国、国土は小さいものの、資源は意味わかんないほど持っています。

海面に面しており、その海からとれる大量の石油と天然ガスを世界中に輸出しています。

日本もめちゃくちゃお世話になっています。

http://4travel.jp/travelogue/10890140

また、資源の輸出で潤った経済の影響を受ける国民がめちゃくちゃ少ない(40万人)ので、

一人当たりのGDP(一人一人のお金持ち度)がめちゃくちゃ高いんです!

その数値、日本よりも高いので、日本の一人一人よりもお金持ちなんです。なんということだ。

その経済力を生かして、

医療費、教育費はタダなんです。恐ろしい。

しかも所得税を払わなくてもいいという、、、、。

しかも(まだあるんか)、

治安が良く、自然災害も少なく、豊かな自然を生かした観光産業もあるというまるでパラダイス南国。

http://3bakayottu.com/travelars-lodge/

そんなブルネイの国王、いわばセレブ オブ セレブの国王はどんな人なんでしょう。

ブルネイ国王

『ハサナル・ボルキア』さん

http://blog-imgs-48.fc2.com/1/0/r/10rank/201302072029012e1.jpeg

いかにもお金持ちそうな石油王みたいな人ですね。

ちなみに日本大好きですこの人。

まずボルキアさんのおうち紹介。

https://static.retrip.jp/article/32751/images/327518f7354c8-76b6-48ea-9439-a98947b628f8_m.jpg

こちらです、、、、。

世界最大級の王宮、『イスタナ・ヌルル・イナン』です。

説明しなくてもお分かりいただけると思いますが、お金持ちの方です。

しかしこの国王には、ほかの国のトップに負けないくらいのカリスマ性があるんです。

まずブルネイは立憲君主制(国王が、国民よ、トマトは残すなといったらトマト残した人犯罪級みたいな)であるため、国王が国防、財政、行政すべてを決めます。

普通なら独裁的になっちゃうんですが、国民の幸せを一番に考えるこの国王はすべてを慎重に行い、成功しています国民からの敬愛がハンパないんです。

また、俺がやるわ、ゆっくりしといてやあ~がモットーなのか、我らが阿部首相との会談時の日本への移動も、自分で専用機を操縦しました。なんということだ。

いつも自分以外の幸せを考える王様、、、、、素敵ですね、、、、、

ブルネイの幸せは、ここからも来ているんですね!

ブルネイ、本当にゴージャスでいい国です。

さて

マレーシア、ブルネイ、どうだったでしょうか。

最初に書いた、東南アジアへのイメージでよくあがる、

貧困、田舎

というイメージ

覆りましたか??

たしかに東南アジアはまだ発展途上国で、貧困に苦しむ人々がたくさんいます。

僕自身もボランティアの派遣で多くの貧困をこの目で見てきました。

まだまだ日本やアメリカのような

物理的にたくさん物がある暮らしには程遠いです。

しかし、この記事を見てもらえれば、少なくとも

成長中ということはわかっていただけたと思います。

https://pixabay.com/ja/%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A4%9C%E6%99%AF-%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%92%E3%83%AB%E3%81%8B%E3%82%89-%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%83%B3-%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2-%E6%9D%B1%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2-646156/

世界中から注目を集めているこの東南アジアの国々、

これからの発展に目を離せません!

まだまだ他にも驚きはたくさんあります。

是非、テレビや本などで東南アジア諸国を目にしたとき、

今までとは違ったイメージをもって見てみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

後編につづく

  • いいね! (9)
バナー5

おすすめ記事はこちら


バナー4

おすすめのテーマ