学生ライフ
【国を知ろうシリーズ】 世界1裕福な国、、、!?後編

http://www.kunithai.com/s/upload/detail/image/20160123195115895-ebc5c-thumbnail2.jpg.html

みなさんこんにちは

前回は、『【国を知ろうシリーズ】 世界1裕福な国、、、!?前編』で

マレーシアをお届けしましたが、今回は後編という事で、

「ブルネイ」をお届けします。

ブルネイ知ってる?

http://event21.co.jp/byo_101_asia_bl.htm

おそらく、ブルネイという国は知らない方がほとんどだと思います。

聞いたこともないわあという方のために、ブルネイの基本知識を説明します。

場所はここ、マレーシアに隣接する位置になります。

http://www.tkago.net/img/tguide/seasia/seasia_map.gif

どこだろう、、、、。

マレーシアに隣接する国、、、、、。

先ほどのマレーシアは確かここ、、、、

http://www.tkago.net/img/tguide/seasia/seasia_map.gif

上に隣接する国はタイ、下はインドネシア、、、、。

どこにあるん、、、、、。

http://www.tkago.net/img/tguide/seasia/seasia_map.gif

ここです!

めちゃくちゃ小さいです!!

拡大するとこんな感じ

http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/map/Brunei/image/Map_of_Brunei_and_neighboring_countries.gif

大きさは日本の三重県とほぼ同じ、、、、小さいですね

そんなブルネイの基本知識

http://4travel.jp/os_area_country-brunei.html

人口は40万人ほど、東京都の品川区の人数とほぼ同じ。

イスラム教が主流で、マレー語に加え英語も広く話されています。

 国土の大半は未開発のジャングルに覆われており、豊かな自然が広がる国でもあります                                                                                                    

 鼻が長いことで有名なテングザルもこのブルネイが位置する島限定でみられる動物です。

https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8265872137/user/article/113476796856925946/01d4fcfcd8ee1139b0f548d681738691/cached.jpg?option=crop&width=700

ブルネイ、どこがすごい国なのでしょうか、、、

それはこれを見れば少しだけわかるかも。

http://www.t-compass.com/wp-content/uploads/2015/12/18809812965_fab5222ea4_z.jpg

http://img.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/10/85/43/src_10854377.jpg?20140201143428

http://magazine-uploads.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2014/08/newmosque-599×425.jpg

なんとなくわかりましたか?

ASEANで一番影が薄く、聞いたこともないという方が多いであろうこのブルネイ、

実は

世界一裕福でセレブな国と呼ばれているのです

http://blog.omiyageya-san.com/lifehack/gold2/

こんなに小さい国にそんな経済力があったなんて、、、、、

そういうわけではありません。

実はブルネイ全体の国としての経済力は、鳥取県の50%ほどしかありません。

なぜ裕福なのかというと、

キーワードは

石油と天然ガス産業と、人数の少なさにあります。

まず、このブルネイという国、国土は小さいものの、資源は意味わかんないほど持っています。

海面に面しており、その海からとれる大量の石油と天然ガスを世界中に輸出しています。

日本もめちゃくちゃお世話になっています。

http://4travel.jp/travelogue/10890140

また、資源の輸出で潤った経済の影響を受ける国民がめちゃくちゃ少ない(40万人)ので、

一人当たりのGDP(一人一人のお金持ち度)がめちゃくちゃ高いんです!

その数値、日本よりも高いので、日本の一人一人よりもお金持ちなんです。なんということだ。

その経済力を生かして、

医療費、教育費はタダなんです。恐ろしい。

しかも所得税を払わなくてもいいという、、、、。

しかも(まだあるんか)、

治安が良く、自然災害も少なく、豊かな自然を生かした観光産業もあるというまるでパラダイス南国。

http://3bakayottu.com/travelars-lodge/

そんなブルネイの国王、いわばセレブ オブ セレブの国王はどんな人なんでしょう。

ブルネイ国王

『ハサナル・ボルキア』さん

http://blog-imgs-48.fc2.com/1/0/r/10rank/201302072029012e1.jpeg

いかにもお金持ちそうな石油王みたいな人ですね。

ちなみに日本大好きですこの人。

まずボルキアさんのおうち紹介。

https://static.retrip.jp/article/32751/images/327518f7354c8-76b6-48ea-9439-a98947b628f8_m.jpg

こちらです、、、、。

世界最大級の王宮、『イスタナ・ヌルル・イナン』です。

説明しなくてもお分かりいただけると思いますが、お金持ちの方です。

しかしこの国王には、ほかの国のトップに負けないくらいのカリスマ性があるんです。

まずブルネイは立憲君主制(国王が、国民よ、トマトは残すなといったらトマト残した人犯罪級みたいな)であるため、国王が国防、財政、行政すべてを決めます。

普通なら独裁的になっちゃうんですが、国民の幸せを一番に考えるこの国王はすべてを慎重に行い、成功しています国民からの敬愛がハンパないんです。

また、俺がやるわ、ゆっくりしといてやあ~がモットーなのか、我らが阿部首相との会談時の日本への移動も、自分で専用機を操縦しました。なんということだ。

いつも自分以外の幸せを考える王様、、、、、素敵ですね、、、、、

ブルネイの幸せは、ここからも来ているんですね!

ブルネイ、本当にゴージャスでいい国です。

さて

マレーシア、ブルネイ、どうだったでしょうか。

最初に書いた、東南アジアへのイメージでよくあがる、

貧困、田舎

というイメージ

覆りましたか??

たしかに東南アジアはまだ発展途上国で、貧困に苦しむ人々がたくさんいます。

僕自身もボランティアの派遣で多くの貧困をこの目で見てきました。

まだまだ日本やアメリカのような

物理的にたくさん物がある暮らしには程遠いです。

しかし、この記事を見てもらえれば、少なくとも

成長中ということはわかっていただけたと思います。

https://pixabay.com/ja/%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A4%9C%E6%99%AF-%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%92%E3%83%AB%E3%81%8B%E3%82%89-%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%83%B3-%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2-%E6%9D%B1%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2-646156/

世界中から注目を集めているこの東南アジアの国々、

これからの発展に目を離せません!

まだまだ他にも驚きはたくさんあります。

是非、テレビや本などで東南アジア諸国を目にしたとき、

今までとは違ったイメージをもって見てみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • いいね! (3)
バナー8

おすすめ記事はこちら


バナー8

おすすめのテーマ