恋愛に疲れた
実際に聞いてみた!大学生の遠距離恋愛事情 赤裸々告白

遠距離恋愛と聞くと、どんなイメージがありますか?

大変そう…
寂しそう…

そういったマイナスイメージが多いのではないでしょうか。

さて、そんな遠距離恋愛について、どれくらいの費用が必要なのか?交通費はどっちが持つのか?などなど、編集長のお友達、Aちゃん(絶賛遠距離恋愛中)に、その実情を赤裸々告白していただきましょう。

そもそもどこから遠距離?

遠距離恋愛の定義って漠然としていますよね。距離が遠いのか、会う頻度が少ないのか…

ここで、辞書に聞いてみましょう。

遠距離:距離が遠いこと。特に、行き来する距離が離れていること。

当たり障りない回答、ありがとうございます。

よくわからないので、ここでは、遠距離恋愛を「会いたいと思ったその時に、交通的な問題から簡単には会えなくてうずうずする」状況であると定義したいと思います。

交通費ってどれくらい?

Aちゃんは、コテコテの大阪人。彼氏は東京在住のイケイケボーイ。よくある遠距離の形ですね。先日、Aちゃんは東京に行ったそうです。(2ヶ月に1回は東京に会いに行くんだそう。彼氏思いですね。)

その際にかかった交通費を聞いてみました。

【空港までの電車賃】
    往復 2,000円くらい

【飛行機】
 格安航空のPeachを利用。
 関西空港〜成田空港
 往復 11,510円

【成田空港〜東京間】
京成バスで1時間弱
 往復 2,000円

【在京中の交通費もろもろ】
 3,000円くらい

おおっと、ここで交通費だけでも20,000円近い額の負担が。私のひとつきのお給料の半分が交通費だけで消えちゃうなんて…。がびょーん。ちなみにAちゃんカップルは、交通費の負担について折半したりはしないそう。めんどくさいんだって。

ちなみに、LCC(格安航空)について詳しく解説している編集長の記事はコチラ

遠距離カップルのデート代事情は?

大学生カップルは、デート代を割り勘にしているところも多いのでは? 私も割り勘で賛成です。

旦那の財布は結婚してからでも握れます。 今はお互い負担のないようにするのがベター。 では、遠距離カップルはデート代の負担額を調整しているのでしょうか?

ーーーデート代って、割り勘なん?

いや、よく彼氏が多めに払ってくれる〜。私が交通費払って行ってるぶん、東京では出してあげようってしてくれてるんやと思う。でも出すときは出すし、その時々の気分かな。

ああ、なんということでしょう。かなり太っ腹です。お金に余裕があるのか? と思いきや、Aちゃんは常に格安きっぷを血眼になって探しているので、そんなに裕福ではなさそうです。どちらかと言うとケチです。

お金の面で大事なのは、相手に対する思いやりをお互いに持つこと。出してもらったら、自分も出す。その協調がポイントなんだそう。

遠距離恋愛はデメリット多し?

確かに、同じサークルや学部の人と付き合うほうが、他にお金をかけることができます。会いたい時に気軽に会うことができます。

ーーー交通費もかかるし、会える頻度ももちろん少ない遠距離恋愛は、マイナスポイントしか無いんちゃう…?

いやいや、そんなわけないやん。それやったら付き合ってへんわ!

ごもっとも!ではAちゃんによる【遠距離恋愛のメリット】を列挙していきましょう。

長く付き合っても飽きにくい
お金は確かに近距離恋愛よりはかかりますが、なかなか会えないぶん、付き合った時のドキドキ感が長続きするんです。と、いうことは、飽きない!

井の中の蛙からの脱却
大学生にとって、色々な世界を見ることは大事。遠距離恋愛で、今まで行ったことのない場所に行けば視野も広がること間違いなし!

毎日頑張れる
会いに行くという目標があるから、バイトがしんどくても頑張れる!節約もできちゃう!日々の生活にモチベーションが備わります。

そしてそして、遠距離恋愛を2~3年続けたカップルは、結婚に至る割合が9割!!とも言われています。結婚したい女子は必見ですね〜。編集長も結婚した〜い!わっほい。

遠距離恋愛のススメ

さて、いかがでしたか?

基本的に、遠距離恋愛で問題になるのは交通費です。しかしその問題さえクリアできれば、あとは楽しいことが待っている!飽き性の方には、逆に遠距離恋愛をオススメします。

さびしいときは、LINEでもスカイプでも電話でも、今なら便利な連絡手段がいっぱいあるので、そんなに辛くないと言えるでしょう。

「近くにいい人がいない…」
「彼氏・彼女ができない…」

そう悩んでるあなたにも、遠くに赤い糸で結ばれた誰かがいるかも…♡

時間に少し余裕のある大学生の間に、遠距離恋愛を体験してみてはいかが?

お役立ち情報

シリーズ

学生の恋愛事情

  • いいね! (29)

新着情報はこちら

ライターBLOGはこっち。

おすすめのテーマ